{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602257935726040   整理番号:16A0509978

アリール炭化水素受容体遺伝子バッテリーに及ぼす鉛の構成的影響及びヒトHepG2細胞におけるβ-カロチン及びアスコルビン酸による保護

Constitutive Effects of Lead on Aryl Hydrocarbon Receptor Gene Battery and Protection by β-carotene and Ascorbic Acid in Human HepG2 Cells
著者 (5件):
資料名:
巻: 81  号:ページ: T275-T281  発行年: 2016年01月
JST資料番号: C0005A  ISSN: 0022-1147  CODEN: JFDSAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
鉛(Pb)は汚染した食品,飲料及び吸入大気を通して人体に移行し,重篤な生物学的結果をもたらす環境汚染物質であり,世界中で多数の死をもたらしてきた。この研究において,最初に,生体異物代謝を制御するアリール炭化水素受容体(AhR)遺伝子バッテリーの環境関連濃度の調節作用を研究した。二番目に,Pb誘導有害作用を低減する試験を幾つかの植物化学物質様β-カロチンまたはアスコルビン酸を用いて実施した。ヒト肝癌(HepG2)細胞系に生理学的レベルから毒性レベル(0~10mg/L)に変動する広範囲のPb濃度を24h曝露した。高Pb濃度(1~10mg/L)は,I相(CYP1A1及び1A2)及びII相(UGT1A6及びNQO1)生体異物代謝酵素のmRNA発現を,AhR調節経路を通して機械的様式で顕著に低下した。それに加えて,これらのPb濃度は活性酸素(ROS)の生産に関してHepG2細胞において酸化ストレスを誘導し,濃度依存様式でヘムオキシゲナーゼ1 mRNA発現を誘導した。Pb(1mg/L)と共にβ-カロチン(10μM)またはアスコルビン酸(0.1mM)のような幾つかの微量栄養素の生理学的濃度に対するHepG2細胞の共曝露により,ROS生成レベルを顕著に低下し,AhR mRNA発現を通常レベルに回復した。したがって,これらの微量栄養素に富む食品の消費は高レベルに汚染された地域における鉛の有害作用の低減を支援するらしい。Copyright 2017 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鉛とその化合物  ,  食品の化学・栄養価  ,  細胞膜の受容体  ,  ビタミン一般 

前のページに戻る