研究者
J-GLOBAL ID:201701004091245538   更新日: 2021年02月24日

児島 恭子

コジマ キョウコ | Kojima Kyoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 日本史
研究キーワード (6件): 日本民俗学 ,  文化史 ,  巨木 ,  女性史 ,  アイヌ史 ,  日本史
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2018 イチョウ巨樹の乳信仰に関する歴史研究
  • 2016 - 2016 アイヌ語音声・映像資料コレクションにかんする研究報告会
論文 (20件):
  • 児島恭子. イチョウ巨樹の信仰. 東北・北海道のイチョウ. 2016. 55-61
  • 児島恭子. 古代・中世の災害と女性史の視点. 総合女性史研究. 2013. 30. 94-95
  • 児島恭子. 古代・中世の災害が影響した女性の宗教的地位に関する予備報告 : 今、災害と女性史研究とのかかわりを考えるにあたって. 2012. 12. 177-179
  • 児島恭子. 魚付林の知識と魚つき保安林の関係史. 余市水産博物館研究報告. 2011. 59-76
  • 児島 恭子. アイヌ史研究とオーラル・ヒストリー (特集/オーラル・ヒストリーと女性史--沈黙の扉を開く). 歴史評論. 2004. 648. 43-52
もっと見る
MISC (43件):
  • ヘロキカルシ<鰊場所>をめぐって. 地名と風土. 2020. 14. 191-196
  • 児島恭子. アイヌと天皇の接点 両者をつないだカムイという回路. Journalism. 2019. 347. 41-47
  • 児島恭子. 川と湖沼の地名プトゥ. 地名と風土. 2019. 13
  • 児島恭子. イチョウ巨樹の乳信仰. 札幌学院大学人文学会紀要. 2018
  • 児島恭子. カムイが付く地名. 地名と風土. 2018. 12. 157-163
もっと見る
書籍 (59件):
  • アイヌ文化の基礎知識 増補・改訂版
    草風館 2018
  • 中尾佐助 照葉樹林文化論の展開
    北海道大学図書刊行会 2016
  • 歴史をひらく : 女性史・ジェンダー史からみる東アジア世界
    お茶の水書房 2015
  • ジェンダー、エスニシティ~
    2014
  • OD>アイヌ民族史の研究-蝦夷・アイヌ観の歴史的変遷
    吉川弘文館 2013 ISBN:4642042210
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • アイヌの歴史と現在
    (市川房枝記念会女性と政治センター 2018年連続講座 2019)
  • アーカイブズ資料としてのアイヌ語合宿記録
    (アイヌ語現地調査資料の整理・分析および研究者アーカイブズの構築 2018)
  • 150年のアイヌの物語2
    (2018)
  • 150年のアイヌの物語
    (札幌学院大学コミュニティカレッジ 2018)
  • 女性史の立場から
    (『語る歴史 、聞く歴史 、オーラル・ヒストリの現場から』をどう読むか 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 早稲田大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(文学) (早稲田大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 共同研究員
  • 2016/04 - 現在 国際日本文化研究センター 共同研究員
  • 2013/04 - 現在 札幌学院大学 教授
委員歴 (2件):
  • 2016 - 現在 北海道文化財保護審議委員
  • 2015/08 - 現在 北海道立総合博物館協議会委員
所属学会 (5件):
北海道考古学会 ,  ジェンダー史学会 ,  日本文化人類学会 ,  歴史科学協議会 ,  総合女性史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る