研究者
J-GLOBAL ID:201801010654442928   更新日: 2022年06月23日

中村 貴志

ナカムラ タカシ | Nakamura Takashi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.chem.tsukuba.ac.jp/nakamura/index.html
研究分野 (4件): 機能物性化学 ,  無機・錯体化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  生物有機化学
研究キーワード (8件): 自己集合 ,  錯体化学 ,  金属錯体 ,  大環状分子 ,  ホスト-ゲスト化学 ,  分子認識 ,  有機化学 ,  超分子化学
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2022 - 2025 配位捕捉に基づく位置選択的反応を実現する環状多量体錯体の創出
  • 2022 - 2024 水素結合と配位結合を駆使した超分子的アプローチに基づく水圏機能材料の創出
  • 2021 - 2024 剛直な骨格をもつ大環状多核錯体を活用した高選択性・高活性反応の開拓
  • 2021 - 2023 大環状錯体内孔での化学反応を駆動力とする発動分子の創出
  • 2021 - 2022 分子間相互作用を用いた材料開発
全件表示
論文 (45件):
  • NAKAMURA, Takashi. Development of Artificial Receptors Based on Assembly of Metal Complex Units and Desymmetrization of Molecular Components. Chemistry Letters. 2021. 50. 10. 1822-1830
  • MORISUE, Mitsuhiko, KAWANISHI, Miho, UENO, Ikuya, NAKAMURA, Takashi, NABESHIMA, Tatsuya, IMAMURA, Kouki, NOZAKI, Koichi. Evidence of C-F center dot center dot center dot H-C Attractive Interaction: Enforced Coplanarity of a Tetrafluorophenylene-Ethynylene-Linked Porphyrin Dimer. The Journal of Physical Chemistry B. 2021. 125. 32. 9286-9295
  • MOROZUMI, Takuma, MATSUOKA, Ryota, NAKAMURA, Takashi, NABESHIMA, Tatsuya. Solvent-dependent fac/mer-isomerization and self-assembly of triply helical complexes bearing a pivot part. Chemical Science. 2021. 12. 22. 7720-7726
  • MORITA, Hiroki, AKINE, Shigehisa, NAKAMURA, Takashi, NABESHIMA, Tatsuya. Exclusive Formation of a Meridional Complex of a Tripodand and Perfect Suppression of Guest Recognition. Chemical Communications. 2021. 57. 17. 2124-2127
  • NAKAMURA, Takashi, FENG, Rui Yun, NABESHIMA, Tatsuya. A Sandwich-Shaped Hexanuclear Silver Complex with a Giant Cavity Constructed from a Macrocycle with Inward Chelating Units. European Journal of Inorganic Chemistry. 2020. 2021. 4. 308-313
もっと見る
MISC (1件):
  • 中村 貴志, 原野 幸治, 平岡 秀一, 城 始勇, 塩谷 光彦. ディスク状両親媒性分子によるディスクリートな水溶性ナノカプセルの構築. ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集. 2008. 2008. 0. 52-52
書籍 (1件):
  • Cooperativity
    Elsevier 2017
講演・口頭発表等 (90件):
  • 多数のアミド基をもつシクロデキストリン誘導体による水溶液中でのアニオン認識
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 金属キレート配位部位とシクロデキストリンを基盤とした機能性環状多量体の創製
    (第2回発動分子科学研究会 2021)
  • 金属配位サイトの配列と構成要素の非対称化に着目した環状多量体の超分子化学
    (第14回超分子若手懇談会「超分子化学の新領域開拓 -次世代超分子の構築と応用-」 2021)
  • ビピリジルアミド基をもつシクロデキストリン誘導体の金属錯形成による単一異性体の合成
    (第37回 シクロデキストリンシンポジウム 2021)
  • アミドシクロデキストリン誘導体によるアニオン認識機構
    (第18回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2010 - 2013 東京大学 化学専攻 博士課程
  • 2008 - 2010 東京大学 化学専攻 修士課程
  • 2006 - 2008 東京大学 化学科
  • 2004 - 2006 東京大学 理科一類
経歴 (4件):
  • 2021/01 - 現在 筑波大学 ツクバ・トップ・ランナー教員
  • 2014/04 - 現在 筑波大学 数理物質系 助教
  • 2013/04 - 2014/03 大阪大学 大学院理学研究科 特任研究員
  • 2010/04 - 2013/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
委員歴 (4件):
  • 2019/10 - 2021/09 The 31st Sympodium on Physical Organic Chemistry Office
  • 2019/10 - 2021/09 第31回基礎有機化学討論会 事務局
  • 2015/03 - 2020/06 Association of Research for Host-Guest and Supramolecular Chemistry Office
  • 2015/03 - 2020/06 ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 事務局
受賞 (15件):
  • 2022/04/20 - 筑波大学 若手教員特別奨励賞
  • 2022/04/20 - 文部科学省 令和4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2022/02/07 - 筑波大学 筑波大学 2021 BEST FACULTY MEMBER
  • 2021/11/01 - 筑波大学 筑波大学 若手教員奨励賞
  • 2021/03/20 - 日本化学会 日本化学会 第70回進歩賞
全件表示
所属学会 (6件):
シクロデキストリン学会 ,  アメリカ化学会 ,  錯体化学会 ,  有機合成化学協会 ,  基礎有機化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る