研究者
J-GLOBAL ID:201801012488011428   更新日: 2020年09月24日

宮本 真太郎

ミヤモト シンタロウ | MIYAMOTO SHINTAROU
所属機関・部署:
研究キーワード (4件): 医療安全 ,  気管支喘息 ,  アレルギー学 ,  呼吸器内科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2023 粉末siRNA製剤を用いたCCL15を標的とする気管支喘息の新規経気道治療の開発
  • 2019 - 2022 粉末siRNA製剤を用いたCCL15を標的とする気管支喘息の新規経気道治療の開発
論文 (23件):
  • Yamaguchi, Kakuhiro, Iwamoto, Hiroshi, Mazur, Witold, Miura, Shinichiro, Sakamoto, Shinjiro, Horimasu, Yasushi, Masuda, Takeshi, Miyamoto, Shintaro, Nakashima, Taku, Ohshimo, Shinichiro, et al. Reduced endogenous secretory RAGE in blood and bronchoalveolar lavage fluid is associated with poor prognosis in idiopathic pulmonary fibrosis. RESPIRATORY RESEARCH. 2020. 21. 1
  • Masuda, Takeshi, Fujitaka, Kazunori, Ishikawa, Nobuhisa, Nakano, Kikuo, Yamasaki, Masahiro, Kitaguchi, Souichi, Masuda, Ken, Yamaguchi, Kakuhiro, Sakamoto, Shinjiro, Horimasu, Yasushi, et al. Treatment rationale and design of the PROLONG study: safety and efficacy of pembrolizumab as first-line therapy for elderly patients with non-small cell lung cancer. JOURNAL OF THORACIC DISEASE. 2020. 12. 3. 1079-1084
  • Ninomiya, Kiichiro, Hata, Tae, Yoshioka, Hiroshige, Ohashi, Kadoaki, Bessho, Akihiro, Hosokawa, Shinobu, Ishikawa, Nobuhisa, Yamasaki, Masahiro, Shibayama, Takuo, Aoe, Keisuke, et al. A Prospective Cohort Study to Define the Clinical Features and Outcome of Lung Cancers Harboring HER2 Aberration in Japan (HER2-CS STUDY). CHEST. 2019. 156. 2. 357-366
  • Shioya S, Masuda T, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Senoo T, Iwamoto H, Ohshimo S, et al. Comparison of anti-aminoacyl-tRNA synthetase antibody-related and idiopathic non-specific interstitial pneumonia. Respiratory medicine. 2019. 152. 44-50
  • Masashi Namba, Noboru Hattori, Hironobu Hamada, Kakuhiro Yamaguchi, Yohei Okamoto, Taku Nakashima, Takeshi Masuda, Shinjiro Sakamoto, Yasushi Horimasu, Shintaro Miyamoto, et al. Anti-KL-6/MUC1 monoclonal antibody reverses resistance to trastuzumab-mediated antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity by capping MUC1. Cancer Letters. 2019. 442. 31-39
もっと見る
講演・口頭発表等 (98件):
  • 当科における非小細胞肺癌に対する抗PD-1抗体の使用経験
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • 非小細胞肺癌に対する化学放射線療法後のデュルバルマブ療法における間質性肺炎発症頻度とリスク因子の検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • 非肺癌症例における抗PD-1抗体による薬剤性肺障害に対するリスク因子の検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • PAI-1はEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌のチロシンキナーゼ阻害薬に対する耐性獲得に関与する
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • 複数のバイオマーカーを用いたNSCLCに対する immune checkpoint inhibitorの効果予測因子の検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2018/01/01 - 広島大学 病院医療安全管理部 講師
  • 2015/04/01 - 2017/12/31 広島大学 病院 助教
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 高知大学 医学部 血液・呼吸器内科学 助教
  • 2011/04/01 - 2012/03/31 広島大学 病院 医科診療医
  • 2010/01/01 - 2011/03/31 広島大学 病院 クリニカル・スタッフ
全件表示
受賞 (1件):
  • 2011/03/13 - 第2回 Innovative Asthma Association(IAA)研究会 IAA Award 2010 最優秀賞 喘息モデルマウスにおける Plasminogen Activator Inhibitor-1(PAI-1)に対するsiRNAの経気道投与の効果
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る