研究者
J-GLOBAL ID:201801015108306187   更新日: 2020年07月23日

分寺 杏介

ブンジ キョウスケ | BUNJI Kyosuke
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  統計科学
研究キーワード (4件): 適応型テスト ,  評定者効果 ,  反応時間 ,  項目反応理論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 個人内の認知過程を考慮した評定者効果のモデリング
論文 (7件):
  • Okada, K., Bunji, K. Increase of reliability by incorporating response time into the paired-comparison psychological measurement. Behaviormetrika. 2020. accepted
  • 分寺杏介. 制限時間のある適応型テストにおける項目選択アルゴリズムの比較検討. 日本テスト学会誌. 2019. 15. 1. 1-20
  • Kyosuke Bunji, Kensuke Okada. Item response and response time model for personality assessment via linear ballistic accumulation. Japanese Journal of Statistics and Data Science. 2019. 2. 1. 263-297
  • Teiko Arai, Kyosuke Bunji, Naoya Todo, Noriko H. Arai, Takuya Matsuzaki. Evaluating Reading Support Systems through Reading Skill Test. Proceedings of the 40th Annual Cognitive Science Society Meeting (CogSci 2018). 2018. 100-105
  • 新井庭子, 分寺杏介, 松崎拓也, 影浦峡. テキスト読解の困難さに関する定量的分析-小・中学校の理科教科書を事例として. 人文科学とコンピュータ研究会. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • リッカート尺度に対応したLBA IRTモデル
    (日本計算機統計学会第33回シンポジウム 2019)
  • 項目反応理論を用いた子どもの感情語彙尺度の開発
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 解答時間データを利用した多次元多肢強制選択データの項目反応モデル
    (日本行動計量学会第47回大会 2019)
  • Cognitive process model for ordered categorical response and response time data for questionnaires
    (MathPsych/ICCM 2019 2019)
  • Observed-score reliability and its approximate index in paired-comparison Thurstonian IRT
    (IMPS 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 東京大学大学院 教育学研究科 教育心理学コース博士課程
  • 2015 - 2017 東京大学大学院 教育学研究科 教育心理学コース修士課程
  • 2011 - 2015 東京大学 教育学部 総合教育科学科教育心理学コース
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 ベネッセ教育総合研究所 研究員
  • 2019/04 - 現在 東海大学 講師(非常勤)
  • 2018/09 - 2020/03 慶應義塾大学 講師(非常勤)
  • 2018/04 - 2020/03 東京大学 ティーチングアシスタント
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/05 - 日本計算機統計学会 奨励賞
  • 2017/12 - 日本テスト学会 日本テスト学会大会発表賞 出題領域と解答時間を考慮した項目選択アルゴリズムの性能評価
  • 2017/11 - 日本計算機統計学会 学生研究発表賞 反応時間を利用する新たな項目反応モデルの提案 -Linear Ballistic Accumulation を用いた効率的な推定法-
所属学会 (3件):
日本計算機統計学会 ,  日本テスト学会 ,  日本行動計量学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る