研究者
J-GLOBAL ID:201801015108306187   更新日: 2021年09月17日

分寺 杏介

ブンジ キョウスケ | BUNJI Kyosuke
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  統計科学
研究キーワード (4件): 適応型テスト ,  評定者効果 ,  反応時間 ,  項目反応理論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 個人内の認知過程を考慮した評定者効果のモデリング
論文 (10件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 共通項目デザインの等化におけるアンカー項目選択法の影響の検討
    (日本テスト学会第19回大会 2021)
  • 学生定期健康調査データによるメンタルヘルス不調の検出
    (日本心理学会第85回大会 2021)
  • An extension of the LBA-IRT model to multidimensional multiple-alternative forced-choice personality measurement with response times
    (MathPsych/ICCM 2020 2020)
  • リッカート尺度に対応したLBA IRTモデル
    (日本計算機統計学会第33回シンポジウム 2019)
  • 項目反応理論を用いた子どもの感情語彙尺度の開発
    (日本心理学会第83回大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 東京大学大学院 教育心理学コース博士課程
  • 2015 - 2017 東京大学大学院 教育心理学コース修士課程
  • 2011 - 2015 東京大学 総合教育科学科教育心理学コース
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 ベネッセ教育総合研究所 資質能力測定研究室 研究員
  • 2019/04 - 現在 東海大学 文化社会学部 講師(非常勤)
  • 2018/09 - 2020/03 慶應義塾大学 総合政策学部 講師(非常勤)
  • 2018/04 - 2020/03 東京大学 教育学部教育心理学コース ティーチングアシスタント
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/05 - 日本計算機統計学会 奨励賞
  • 2017/12 - 日本テスト学会 日本テスト学会大会発表賞 出題領域と解答時間を考慮した項目選択アルゴリズムの性能評価
  • 2017/11 - 日本計算機統計学会 学生研究発表賞 反応時間を利用する新たな項目反応モデルの提案 -Linear Ballistic Accumulation を用いた効率的な推定法-
所属学会 (3件):
日本計算機統計学会 ,  日本テスト学会 ,  日本行動計量学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る