研究者
J-GLOBAL ID:201801019296816427   更新日: 2021年09月07日

浦井 珠恵

ウライ タマエ | Urai Tamae
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 基礎看護学
研究キーワード (5件): 局所ケア ,  ずれ力 ,  創閉鎖部 ,  再発 ,  褥瘡
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 褥瘡の再発予防を目的とした創閉鎖部リモデリング評価指標の創成
  • 2019 - 2020 骨突出部にかかるずれ力をベッドサイドで測定可能な機器の開発:力学モデル構築と多軸力センサの開発・評価
  • 2019 - 2020 褥瘡の再発を予測可能なバイオマーカーの探索-褥瘡の創閉鎖部におけるコラーゲン置換と細菌多様性の経時的変化-
  • 2018 - 2020 成熟を妨げずに再発を予防する褥瘡治癒部局所ケアのイノベーション
  • 2017 - 2018 褥瘡再発予防に向けた治癒部アセスメント指標の探索-超音波診断装置を用いた検討-
全件表示
論文 (35件):
  • Yuka Miura, Nao Tamai, Aya Kitamura, Mikako Yoshida, Toshiaki Takahashi, Yuko Mugita, Itoko Tobita, Mikiko Arita, Tamae Urai, Misako Dai, et al. Diagnostic accuracy of ultrasound examination in detecting aspiration and pharyngeal residue in patients with dysphagia: A systematic review and meta-analysis. Japan journal of nursing science : JJNS. 2021. 18. 2. e12396
  • Kana Takada, Yukari Nakajima, Tamae Urai, Kanae Mukai, Kimi Asano, Mayumi Okuwa, Junko Sugama, Toshio Nakatani. Effects of inhibition of lymphangiogenesis by the vascular endothelial growth factor receptor 3 (VEGFR-3) inhibitor, MAZ51 on full thickness wounds in mice. Veins and Lymphatics. 2021. 10. 1
  • Takeo Minematsu, Misako Dai, Nao Tamai, Gojiro Nakagami, Tamae Urai, Ayano Nakai, Shiori Nitta, Yukie Kataoka, Weijie Kuang, Mao Kunimitsu, et al. Risk scoring tool for forearm skin tears in Japanese older adults: A prospective cohort study. Journal of tissue viability. 2021
  • Kana Shibata, Kazuhiro Ogai, Kohei Ogura, Tamae Urai, Miku Aoki, Defa Arisandi, Natsuki Takahashi, Shigefumi Okamoto, Hiromi Sanada, Junko Sugama. Skin Physiology and its Microbiome as Factors Associated with the Recurrence of Pressure Injuries. Biological research for nursing. 2021. 23. 1. 75-81
  • Kazuhiro Ogai, Kohei Ogura, Nozomi Ohgi, Seohui Park, Miku Aoki, Tamae Urai, Satoshi Nagase, Shigefumi Okamoto, Junko Sugama. Stability of Skin Microbiome at Sacral Regions of Healthy Young Adults, Ambulatory Older Adults, and Bedridden Older Patients After 2 Years. Biological research for nursing. 2021. 23. 1. 82-90
もっと見る
講演・口頭発表等 (77件):
  • Two-year stability of dysbiotic condition at sacral skin of bedridden older patients
    (The 9th Asia Pacific Enterostomal Therapy Nurse Association Conference (APETNA) 2021)
  • Development of pressure injury in a rat scar model: A preliminary study on recurrent pressure injury
    (The 9th Asia Pacific Enterostomal Therapy Nurse Association Conference (APETNA) 2021)
  • Investigation of lymphedema resolution in mouse hindlimbs
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 失禁関連皮膚炎予防における新規パッドの有効性の検証-細菌による尿素分解に着目して
    (日本老年泌尿器科学会誌 2020)
  • 褥瘡治癒部の真菌叢に関する研究 パイロットスタディ
    (日本創傷治癒学会プログラム・抄録集 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 金沢大学大学院 保健学専攻看護科学領域 博士後期課程
  • 2009 - 2011 金沢大学 保健学専攻看護科学領域 博士前期課程
  • 2005 - 2009 金沢大学 保健学科看護学専攻
学位 (1件):
  • 博士(保健学) (金沢大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 富山県立大学 看護学部基礎看護学講座 講師
  • 2018/04 - 2019/03 東京大学 大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター 特任研究員
  • 2017/04 - 2018/03 金沢大学 新学術創成研究機構 博士研究員
  • 2014/08 - 2015/03 金沢大学 医薬保健研究域 保健学系 産休代替助教
  • 2011/04 - 2014/03 金沢大学附属病院 看護師
委員歴 (2件):
  • 2020/11 - 現在 看護実践学会 会則検討委員
  • 2018/04 - 2021/06 日本看護科学学会 看護ケア開発・標準化委員会「摂食嚥下時の誤嚥・残留アセスメントに関する看護ケア」 ガイドライン作成システマティックレビューメンバー
受賞 (1件):
  • 2015/10 - コ・メディカル形態機能学会 学会奨励賞
所属学会 (12件):
日本環境感染学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本看護技術学会 ,  日本創傷治癒学会 ,  日本創傷・オストミー・失禁管理学会 ,  コ・メディカル形態機能学会 ,  日本褥瘡学会中部地方会 ,  日本褥瘡学会 ,  ウェルネス・ヘルスケア学会 ,  看護ケアサイエンス学会 ,  看護実践学会 ,  看護理工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る