研究者
J-GLOBAL ID:201901000244580047   更新日: 2020年11月16日

田中 太一

タナカ タイチ | Tanaka Taichi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (6件): ウルドゥー語 ,  日本語 ,  カテゴリー化 ,  受身 ,  意味論 ,  認知言語学
論文 (5件):
  • 田中太一. 知識と対象-間主観性という難問-. 東京大学言語学論集. 2020. 42. 283-295
  • 田中太一. ウルドゥー語の「能力受動」について. The Basis : 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要. 2020. 10. 151-166
  • 田中太一. 日本語は「主体的」な言語か -『認知言語類型論原理』について-. 東京大学言語学論集. 2019. 41. 295-313
  • 田中太一. 「同じ事物」と「ありのままの現実」. 東京大学言語学論集. 2018. 40. 239-249
  • 田中太一. 日本語受身文をめぐる黒田久野論争について. 東京大学言語学論集. 2017. 38. 271-285
書籍 (1件):
  • 森雄一・西村義樹・長谷川明香(編)『認知言語学を紡ぐ』
    くろしお出版 2019
講演・口頭発表等 (20件):
  • 「関与」と「排除」はどのように捉えられるか
    (日本エドワード・サピア協会 第35回研究発表会 2020)
  • ミームとしての言語-慣習性を問い直す
    (日本認知言語学会 第21回全国大会 2020)
  • 韓国語の目的語保持型受身-身体とはどのようなものか-
    (日本言語学会第160回大会 2020)
  • 受身文分析を通じてN-意味理論を考える
    (第117回慶應意味論・語用論研究会 2020)
  • 働きかけと変化の文法-被害受身を中心に-
    (日本語文法学会第20回大会 2019)
もっと見る
所属学会 (4件):
国際認知言語学会 ,  日本科学哲学会 ,  日本語文法学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る