研究者
J-GLOBAL ID:201901000244580047   更新日: 2022年04月24日

田中 太一

タナカ タイチ | Tanaka Taichi
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (7件): 認知言語学 ,  意味論 ,  カテゴリー化 ,  言語学の哲学 ,  日本語 ,  受身 ,  ウルドゥー語
論文 (11件):
  • 田中太一. 持ち主の受身と「譲渡不可能名詞」. The Basis : 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要. 2022. 12. 165-174
  • 氏家啓吾, 田中太一. 「カキ料理は広島が本場だ」構文への認知文法的アプローチ. 東京大学言語学論集. 2021. 43. 327-347
  • 田中太一. メトニミーと類似性 : ネットワークモデル再考. 東京大学言語学論集. 2021. 43. 293-307
  • 萩澤大輝, 田中太一. ミームとしての言語-慣習性を問い直す. 日本認知言語学会論文集. 2021. 21. 161-173
  • 田中太一, 鄭宇鎭. 「関与」と「排除」はどのように捉えられるか. 日本エドワード・サピア協会研究年報. 2021. 35. 29-41
もっと見る
MISC (2件):
  • SATO Rana, UJIIE Keigo, HAGISAWA Daiki, TANAKA Taichi, HIRASAWA Shinya. Basic Research in Cognitive Grammar. JELS. 2022. 39. 138-139
  • 西村義樹, 松田俊介, 田中太一. 言語の身体的基盤:認知言語学の観点から. 体育の科学. 2022. 72. 1. 11-15
書籍 (2件):
  • なぜヒトだけが言葉を話せるのか
    東京大学出版会 2021
  • 森雄一・西村義樹・長谷川明香(編)『認知言語学を紡ぐ』
    くろしお出版 2019
講演・口頭発表等 (30件):
  • 非飽和名詞から飽和名詞へ、飽和名詞から非飽和名詞へ-「類」概念への認知言語学的アプローチ-
    (日本語文法学会第22回大会 2021)
  • 脳か人か:言うことはどのように決まるのか
    (日本英語学会第39回大会 2021)
  • 認知文法による存在文・所有文分析のための予備的考察 (2)
    (第133回慶應意味論・語用論研究会 2021)
  • 多義研究の基礎の基礎
    (日本エドワード・サピア協会 第36回研究発表会 2021)
  • 認知文法による存在文・所有文分析のための予備的考察 (1)
    (第132回慶應意味論・語用論研究会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2022 東京大学 基礎文化研究専攻 博士課程(単位取得退学)
  • 2013 - 2017 東京大学 基礎文化研究専攻 修士課程
  • 2009 - 2013 東京外国語大学 南・西アジア課程 ウルドゥー語専攻
学位 (2件):
  • 修士(文学) (東京大学)
  • 学士(言語・地域文化) (東京外国語大学)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 成蹊大学 文学部 非常勤講師
  • 2022/04 - 現在 東京農工大学 工学部 非常勤講師
  • 2022/04 - 現在 大阪大学 外国語学部 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 東京都立大学 大学教育センター 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 武蔵野大学 教養教育部会 非常勤講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2021/10 - 現在 日本エドワード・サピア協会 編集委員
所属学会 (6件):
基礎言語学研究会 ,  日本エドワード・サピア協会 ,  国際認知言語学会 ,  日本科学哲学会 ,  日本語文法学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る