研究者
J-GLOBAL ID:201901000741009388   更新日: 2021年08月14日

大場 あや

オオバ アヤ | OBA Aya
所属機関・部署:
ホームページURL (2件): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17J07250/https://kaken.nii.ac.jp/en/grant/KAKENHI-PROJECT-17J07250/
研究分野 (4件): 地域研究 ,  文化人類学、民俗学 ,  宗教学 ,  社会学
研究キーワード (10件): 東アジア ,  山形県 ,  生活改善運動 ,  新生活運動 ,  宗教学 ,  社会学 ,  宗教社会学 ,  契約講 ,  地域社会 ,  葬送墓制
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2021 昭和戦前期「生活改善」運動と葬儀の簡素化に関する理念と実態
  • 2017 - 2020 近現代東アジアにおける葬送墓制の比較研究-日中台の事例から-
  • 2016 - 2020 「現代日本における死者儀礼のゆくえ-生者と死者の共同性の構築をめざして-」における研究協力者
論文 (11件):
  • 大場あや. 新生活運動と「冠婚葬祭の簡素化」-広報にみる地域住民の論理と「共同化」への動き-. 宗教と社会 = Religion & society. 2021. 27. 17-31
  • 大場あや. 地域社会における葬制変容の力学-山形県最上町契約講の連合と再編のモノグラフ-. 宗教研究. 2021. 95. 1. 75-99
  • 大場あや. 石川県における「生活改善」と冠婚葬祭の簡素化-類型化の試み-. 一般社団法人冠婚葬祭文化振興財団冠婚葬祭総合研究所論文集. 2021. 令和2年度. 42-66
  • 大場あや. 新潟県における新生活運動の展開-冠婚葬祭の簡素化の実践に着目して-. 一般社団法人冠婚葬祭文化振興財団冠婚葬祭総合研究所論文集. 2020. 令和元年度. 46-52
  • 大場あや. 人口移動と葬儀互助システムの形成-山形県最上町の契約講を事例に-. 2020
もっと見る
MISC (12件):
  • Aya OBA. The New Life Movement in Post-war Japan: Simplification of Weddings and Funerals(学術大会発表要旨). 宗教研究. 2021. 94. 4. 106-108
  • 大場あや. 「ブックレビュー 森岡清美著『新版 真宗教団と「家」制度』」. 宗教と社会. 2020. 26. 123-123
  • 大場あや. 「宗教浮動人口」と骨仏-その先駆性と意義- (テーマセッション「『現代人の信仰構造』の成果と課題」第3報告要旨). 宗教と社会. 2020. 26. 101-103
  • 大場あや. 「葬儀の簡素化と香典-群馬県・栃木県における「新生活」の定着-」(学術大会発表要旨). 宗教研究. 2020. 93. 4. 372-373
  • 大場あや. 「「生活改善」と葬儀の簡素化-戦後山形県における新生活運動の展開-」(学術大会発表要旨). 日韓次世代学術フォーラム第16回国際学術大会予稿集. 2019. 178-181
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「世俗化論・合理的選択理論」寺田喜朗・塚田穂高・川又俊則・小島伸之編『近現代日本の宗教変動-実証的宗教社会学の視座から-』
    ハーベスト社 2016 ISBN:9784863390782
講演・口頭発表等 (18件):
  • Changes in Traditional Wedding and Funeral Customs by Local Residents: The New Life Movement in Post-war Japan
    (The 2021 Annual Meeting of the EASSSR 2021)
  • 新生活運動における「香典返しの廃止」と互酬性-戦後群馬県における展開-
    (第93回日本社会学会大会(主催:松山大学) 2020)
  • The New Life Movement in Post-war Japan: Simplification of Weddings and Funerals
    (日本宗教学会第79回学術大会(主催:駒澤大学) 2020)
  • Political shift and the New Life Movement in post-war Japan: Simplification of weddings and funerals (Panel: Religions and Religious Cultures in Modern Japan: Government’s Policy Changes and Their Impact)
    (The 22nd World Congress of the IAHR (canceled) 2020)
  • Buddha of Cremains: A “New” Type of Grave in Japan
    (The 22nd World Congress of the IAHR (canceled) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 大正大学大学院 宗教学専攻
  • 2015 - 2017 大正大学大学院 宗教学専攻
  • 2010 - 2014 東京外国語大学 南・西アジア課程 ウルドゥー語専攻
学位 (2件):
  • 学士(言語・地域文化) (東京外国語大学)
  • 修士(文学) (大正大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 大正大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 国立歴史民俗博物館 共同研究員
  • 2020/04 - 現在 國學院大學 研究開発推進機構 日本文化研究所 研究補助員
  • 2020/04 - 2021/03 大正大学 総合学修支援機構DAC チューター
  • 2017/04 - 2020/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 大正大学宗教学会 常任委員
受賞 (1件):
  • 2017/03 - 大正大学 平成28年度 学長賞
所属学会 (6件):
East Asian Society for the Scientific Study of Religion (EASSSR) ,  日本社会学会 ,  東北民俗の会 ,  日本宗教学会 ,  大正大学宗教学会 ,  「宗教と社会」学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る