研究者
J-GLOBAL ID:201901004406044190   更新日: 2022年08月03日

加納 麻弓子

Mayuko Kano
研究分野 (1件): 代謝、内分泌学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 異種動物体内での機能的な副甲状腺再生
  • 2020 - 2023 胚盤胞補完法による副甲状腺の再生と機能解析
論文 (7件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 特別解説 ブタの心臓異種移植成功
    日経サイエンス 日本版 2022
  • 実験医学別冊決定版オルガノイド実験スタンダード
    羊土社 2019
講演・口頭発表等 (10件):
  • 多能性幹細胞を用いた内分泌臓器再生
    (第40回 内分泌代謝学サマーセミナー 2022)
  • Regeneration of Parathyroid Glands that Function in Response to Calcium
    (2021)
  • Regeneration of parathyroid glands that function in response to calcium
    (2021)
  • 多能性幹細胞を用いた神経内分泌器官作出と機能解析
    (第47回日本神経内分泌学術集会 2021)
  • カルシウム応答性を有する機能的な副甲状腺再生
    (第94回日本内分泌学会学術総会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 2019 名古屋大学 糖尿病・内分泌内科学
  • 2004 - 2010 名古屋大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 2022/04 - 現在 東京医科歯科大学 高等研究院 幹細胞治療研究室 連携研究員
  • 2022/03 - 現在 聖マリアンナ医科大学 代謝・内分泌内科 助教
  • 2019/04 - 2022/03 東京大学 医科学研究所 幹細胞治療分野 特任研究員
  • 2015/04 - 2019/03 名古屋大学大学院 医学系研究科 糖尿病・内分泌内科学 大学院生
委員歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 日本内分泌学会 中堅若手の会(YEC)
受賞 (2件):
  • 2021/04 - 日本内分泌学会 若手研究奨励賞(YIA) カルシウム応答性を有する機能的な副甲状腺再生
  • 2018/10 - 日本神経内分泌学会 若手研究奨励賞 (YIA) マウスES細胞視床下部分化誘導系後期に残存する Rax+細胞はTanycytesと類似する
所属学会 (3件):
日本糖尿病学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る