研究者
J-GLOBAL ID:201901004949801285   更新日: 2022年06月30日

瀬戸 隆弘

セト タカヒロ | Seto Takahiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 動物生命科学 ,  獣医学
研究キーワード (2件): 酪農 ,  反芻
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 牛慢性消耗性疾病の早期発見および防除技術の開発
  • 2015 - 2018 センシング技術の集積による“未来志向・酪農管理モデル”の構築
  • 2014 - 2015 反芻センサーを用いた牛の分娩および周産期疾患予測の試み
論文 (25件):
MISC (82件):
  • 瀬戸 隆弘. 暑さに弱い牛を暑くなる前に予測できるのか. Dairy Japan. 2022. 67. 8. 52-55
  • Takahiro Seto, Yuichi Toba. Studies for searching factors relating rumination time around the heat season in Holstein milking cows. bioRxiv. 2022
  • 瀬戸隆弘. 「氷酢酸、木酢液、イソジンの混合液でイボが取れる」のメカニズムがわかった. 現代農業. 2021. 899. 226-229
  • 瀬戸隆弘. 乳牛のモニタリング Part 4 生体モニタリングデータを読み解く. Dairy Japan. 2021. 66. 2
  • 大村学海, 小熊亜津子, 閏間英之, 赤松裕久, 瀬戸隆弘. ホルスタイン種搾乳牛における健常乳房の超音波画像について. 東海畜産学会報. 2020
もっと見る
書籍 (2件):
  • 新 家畜生産学入門
    サンライズ出版 2022
  • デーリィ・プロフェッショナル 特集 乳牛のモニタリング
    デーリィ・ジャパン社 2021
講演・口頭発表等 (1件):
  • 三重県酪農場の搾乳牛における暑熱と反芻時間及び乳量の関連性調査並びに反芻時間を用いた暑熱感受性牛の早期発見法の提案
    (Cattle Technical Meeting 事例検討会 Vol.10 2021)
学歴 (2件):
  • 2008 - 2012 北海道大学大学院
  • 2002 - 2008 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学大学院獣医学研究科)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 静岡県立農林環境専門職大学短期大学部 生産科学科 講師
  • 2015/04 - 2020/03 静岡県畜産技術研究所 酪農科 主任研究員
  • 2012/04 - 2020/03 静岡県立農林大学校 畜産コース 講師
  • 2012/04 - 2015/03 静岡県畜産技術研究所 酪農科 研究員
所属学会 (4件):
日本獣医学会 ,  日本畜産学会 ,  日本獣医師会 ,  東海畜産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る