研究者
J-GLOBAL ID:201901006027076622   更新日: 2021年01月09日

佐藤 洋美

Sato Hiromi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 薬理学
研究キーワード (11件): がん ,  アストロサイト ,  糖尿病 ,  モデリング&シミュレーション ,  コネキシン ,  ギャップ結合 ,  薬物抵抗性 ,  性差 ,  薬物相互作用 ,  メタボローム ,  細胞間情報伝達
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2019 - 2022 薬物相互作用・生理機能変化を踏まえた医薬品の投与最適化の評価・予測手法の開発
  • 2018 - 2022 生体模倣小腸-肝臓チップ:バイオアベイラビリティ予測と安全性評価in vitroモデルの開発
  • 2019 - 2021 cGAS-STING 経路のがん進展への関与および治療標的の可能性
  • 2017 - 2019 第Xa因子阻害薬の治療最適化を目指すPKPDモデル構築とモデル基盤メタアナリシス
  • 2016 - 2018 複数の代謝酵素分子種が関与する薬物相互作用のin vitroとin vivo情報の統合解析による網羅的予測システムの構築
全件表示
論文 (75件):
もっと見る
MISC (24件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 性差医学・医療の進歩と臨床展開Vol.9:薬物動態と薬力学における性差
    医学のあゆみ 2018
  • 薬物代謝の違いを考慮した処方とは? -男女で効果に違いはあるか?-
    ハートレビュー,メディカルレビュー社 2014
  • Chapter 10: Connexin 43 Enhances the Cisplatin-Induced Cytotoxicity in Mesothelioma Cells
    InTech 2012
講演・口頭発表等 (192件):
  • Systematic Prediction of Drug Interactions Integrating In Vivo and In Vitro Information Considering Contributions by Multiple Molecular Species of CYP and Transporter
    (ASCPT 2020 2020)
  • メタボローム特性とがん薬物抵抗性の連関
    (第34回日本薬物動態学会年会 2019)
  • Simultaneous In Vitro Evaluation of Efflux by P-glycoprotein and Metabolism by CYP3A Using CYP3A4-CPR-HAC/Caco-2 Cells
    (第34回日本薬物動態学会年会 2019)
  • Quantitative evaluation of reduced hepatic clearance in elderly people based on meta-analysis of population pharmacokinetic analyses
    (第34回日本薬物動態学会年会 2019)
  • Significance of involvement of multiple molecular species in drug interactions by CYP inhibition.
    (第34回日本薬物動態学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2008 千葉大学 創薬生命科学専攻
  • 2004 - 2006 千葉大学 医療薬学専攻
  • 2000 - 2004 千葉大学 総合薬品科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (千葉大学)
経歴 (3件):
  • 2018/03 - 現在 千葉大学 大学院薬学研究院 講師
  • 2008/04 - 2018/02 千葉大学 大学院薬学研究院 助教
  • 2011/04 - 2011/06 ブリティッシュコロンビア大学 ライフサイエンス研究所(受入:Christian C. Naus教授) 訪問研究員
委員歴 (5件):
  • 2013 - 現在 日本薬学会 薬理系薬学部会 若手世話人
  • 2012 - 現在 日本緩和医療薬学会 評議員
  • 2012 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2011 - 現在 日本薬学会 医療薬科学部会 若手世話人
  • 2008/04 - 現在 千葉大学薬友会 千葉医療薬学研究会 世話人(薬剤師卒後教育研修講座運営)
受賞 (4件):
  • 2019/06 - 公益財団法人 臨床薬理学振興財団 第12回臨床薬理学振興財団 研究大賞 複数のCYP分子種が関与する薬物相互作用の網羅的予測システムの構築
  • 2017/01 - 日本性差医学・医療学会 第10回日本性差医学・医療学会 優秀ポスター賞 NBDレセプト情報オープンデータにみる薬剤提供実態の男女差
  • 2015/03 - 千葉東洋医学シンポジウム 第40回千葉東洋医学シンポジウム 優秀発表賞 更年期障害患者における桂枝茯苓丸治療効果に関するエストロゲン受容体遺伝子多型の関与
  • 2012/07 - 日本毒性学会 2012年度ファイザー賞 Expression of histamine H4 receptor in human epidermal tissues and attenuation of experimental pruritus using H4 receptor agonist.
所属学会 (10件):
日本毒性学会 ,  American Association for Cancer Research ,  日本性差医学・医療学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本肥満学会 ,  日本緩和医療薬学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本癌学会 ,  日本薬理学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る