研究者
J-GLOBAL ID:201901011180986437   更新日: 2020年10月02日

室田 浩之

ムロタ ヒロユキ | Murota Hiroyuki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 皮膚科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 高解像度3次元イメージングによる特発性後天性全身性無汗症の神経病態解析
  • 2020 - 2023 稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究
  • 2019 - 2022 アレルギー性皮膚疾患の病態における発汗異常の解明と治療法の開発
  • 2018 - 2021 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究
  • 2017 - 2020 ゲノム不安定性疾患群を中心とした希少難治性疾患の次世代マルチオミクス診断拠点構築
全件表示
論文 (336件):
  • Takeshi Nakahara, Kenji Izuhara, Daisuke Onozuka, Satoshi Nunomura, Risa Tamagawa-Mineoka, Koji Masuda, Susumu Ichiyama, Hidehisa Saeki, Yudai Kabata, Riichiro Abe, et al. Exploration of biomarkers to predict clinical improvement of atopic dermatitis in patients treated with dupilumab: A study protocol. Medicine. 2020. 99. 38. e22043
  • Motoi Takenaka, Hiroyuki Murota, Katsutaro Nishimoto. Subcutaneous phaeohyphomycosis due to Exophiala jeanselmei following renal transplantation: A case report with a published work review of phaeohyphomycosis in Japan. The Journal of dermatology. 2020. 47. 9. 1050-1053
  • Naoko Hattori, Yuta Koike, Yumi Hanatani, Koji Ando, Yasuhiro Maruya, Masaaki Hidaka, Susumu Eguchi, Kohei Taniguchi, Tadashi Yoshino, Hiroyuki Murota. Primary cutaneous post-transplant lymphoproliferative disorder that rapidly improved upon reduction of immunosuppression and addition of everolimus. The Journal of dermatology. 2020
  • Kazuya Akaji, Noriko Arase, Jin Teng Peh, Eiji Kiyohara, Hiroyuki Murota, Toshifumi Nomura, Manabu Fujimoto. First case of symmetrical acral keratoderma in Japan with filaggrin mutation who showed marked improvement in skin manifestations using moisturizer. The Journal of dermatology. 2020. 47. 8. e291-e293
  • Sayaka Kuwatsuka, Yuta Koike, Yumi Hanatani, Naoya Murayama, Akira Iwanaga, Hiroyuki Murota. Bright side of biologics uncovered the dark side of long-term topical steroids: A psoriatic patient treated with biologics developed severe adrenal crisis. The Journal of Dermatology. 2020. 47. 8
もっと見る
MISC (163件):
  • 村山 直也, 室田 浩之. 【皮フのスポーツ医学-みんな皮フに包まれている-】総論 汗をかくということ. 臨床スポーツ医学. 2020. 37. 8. 884-888
  • 佐藤 貴浩, 横関 博雄, 室田 浩之, 戸倉 新樹, 椛島 健治, 高森 建二, 塩原 哲夫, 森田 栄伸, 相場 節也, 青山 裕美, et al. 日本皮膚科学会ガイドライン 皮膚そう痒症診療ガイドライン2020. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 7. 1589-1606
  • 佐藤 貴浩, 横関 博雄, 室田 浩之, 戸倉 新樹, 椛島 健治, 高森 建二, 塩原 哲夫, 森田 栄伸, 相場 節也, 青山 裕美, et al. 日本皮膚科学会ガイドライン 痒疹診療ガイドライン2020. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 7. 1607-1626
  • 室田 浩之. 【アトピー性皮膚炎の診療ガイドライン】アトピー性皮膚炎の病態. アレルギーの臨床. 2020. 40. 6. 431-433
  • 室田 浩之. 【付属器疾患 その疑問にお答えします!-ニキビから巻き爪までQ&A50-】(第III章)汗腺 (Q39)アトピー性皮膚炎は汗によって悪化するのでしょうか. 皮膚科の臨床. 2020. 62. 6. 908-912
もっと見る
特許 (1件):
  • 嗅覚受容体を介した香料による発汗制御
書籍 (24件):
  • 診療ガイドラインUP-TO-DATE
    メディカルレビュー社 2020 ISBN:9784779208942
  • みんなの皮膚外用薬 = Textbook of topical medication for everyone
    南江堂 2019 ISBN:9784524249176
  • エビデンスに基づくアトピー性皮膚炎治療 : あたらしい潮流
    中山書店 2019 ISBN:9784521747767
  • 看護学テキストNiCE 病態・治療論[11] 皮膚/耳鼻咽喉/眼/歯・口腔疾患
    南江堂 2019 ISBN:9784524237524
  • 最新キーワードで読み解くALL About 皮膚科学
    メディカルレビュー社 2019 ISBN:9784779222351
もっと見る
講演・口頭発表等 (69件):
  • 発汗外来を受診した患者の動向と医療政策への順応にむけた地域課題
    (日本皮膚科学会第340回長崎地方会例会 2019)
  • 【特別講演】アトピー性皮膚炎診療の新潮流;薬物療法から汗対策まで
    (第107回日本皮膚科学会栃木地方会 2019)
  • 【蕁麻疹・アトピー性皮膚炎診療のTips】 Oldest New Evidences:アトピー性皮膚炎病態形成におけるヒスタミンの役割
    (第49回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会 2019)
  • Recent evidence on the mechanism of sweatrelated itch in atopic dermatitis
    (The 10th World Congress on Itch 2019)
  • いま見直される皮膚アレルギー疾患補助療法の有用性
    (岡山市医師会皮膚科・泌尿器科専門医会学術講演会 2019)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2017/04 - マルホ・高木皮膚科学振興財団 第1回高木賞 発汗による皮膚の自律機能調整機構と無汗症の病態解明
  • 2017 - 大阪大学皮膚科同窓会賞
  • 2013 - 第14回ガルデルマ賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る