研究者
J-GLOBAL ID:201901013722617525   更新日: 2021年10月17日

毛利 嘉孝

モウリ ヨシタカ | Mori Yoshitaka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 音楽学部音楽環境創造科  教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (5件): 現代美術 ,  ポピュラー音楽 ,  文化研究 ,  メディア ,  文化
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2023 デジタルメディア時代の文化と生活様式の比較文化研究と社会学
  • 2018 - 2022 プレ-ポストオリンピック期東京における世界創造都市の積層と接続に関する比較社会学
  • 2017 - 2020 ポストメディア文化研究の理論構築:創造産業論の日英比較を中心に
  • 2014 - 2017 デジタルメディア時代の政治的公共性とナショナリズム
  • 2011 - 2013 多文化社会におけるメディアの公共性と文化的市民権
全件表示
論文 (42件):
  • 毛利嘉孝. Media in Japan. Routledge Handbook of Contemporary Japan, Hiroko Takeda and Mark Williams (Eds). 2021. 458-470
  • 毛利嘉孝. Lukewarm Nationalism: The 2020 Tokyo Olympics, Social Media and Affective Communities. International Journal of Japanese Sociology (IJJS), The Japanese Sociological Society, Wiley. 2019. 28. 26-44
  • 毛利嘉孝. Toward a New Media Theory. 5: Designing Media Ecology. 2018. 7. 2. 22-41
  • 毛利嘉孝. Affective Labor, Creative Life and the Condition of Cognitive Capitalism: Considering Creative Industries in Japan. Asia Review, Seoul National University Asia Center. 2018. 7. 2. 91-104
  • 毛利嘉孝. Le Séisme du 11 Mars et Les Médias, Sociaux. Japanorama,Centre Pompidou-Merz, France. 2017. 20-25
もっと見る
MISC (61件):
  • 毛利嘉孝. ポストメディア時代の文化研究:2010年代の日本のメディア文化と政治. 越境する東アジアの文化を問う:新世紀の文化研究、千野拓政編、ひつじ書房. 2019. 66-81
  • 北野圭介, 伊藤守, 大山真司, 清水知子, 水嶋一憲, 毛利嘉孝, 北村順生. 「メディア・テクノロジーと権力:ギャロウェイ『プロトコル』をめぐって」. 北野圭介『マテリアル・セオリーズ:新たなる唯物論にむけて』3章. 2018. 73-106
  • 依田 富子, Zahlten Alexander, 毛利 嘉孝. メデ ィア・スタディーズと日本/東アジア : 理論・方法論・政治. 5 : designing media ecology. 2017. 8. 42-53
  • 毛利 嘉孝. ヘイトスピーチの法的規制と表現の自由(ワークショップ12,2015年度春季研究発表会ワークショップ報告). マス・コミュニケーション研究. 2016. 88. 0. 216-217
  • 毛利 嘉孝. メディアとしてのミュージアム : メディア文化研究への視座(ワークショップ1,2011年度春季研究発表会 ワークショップ報告). マス・コミュニケーション研究. 2012. 80. 0. 273-274
もっと見る
書籍 (15件):
  • 覆面アーティスト バンクシーの正体
    宝島社 2021 ISBN:4299018745
  • ジャパノラマ : 1970年以降の日本の現代アート
    水声社 2021 ISBN:9784801005129
  • 「クリティカル・ワード 」メディア論 : 理論と歴史から「いま」が学べる
    フィルムアート社 2021 ISBN:9784845920068
  • バンクシー アート・テロリスト (光文社新書)
    光文社 2019 ISBN:4334044468
  • コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求: ポスト・ヒューマン時代のメディア論
    東京大学出版会 2019 ISBN:4130501984
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • 伝統と革新:金沢からグローバルに思考する
    (カルチュラル・スタディーズ学会、カルチュラル・タイフーン 2021 in 金沢 2021)
  • アジアにおける映像と戦争の記憶-朝鮮戦争を中心に
    (日本マス・コミュニケーション学会第37期10回研究会(メディア史研究部会) 2021)
  • Popular Music in the Age of Post-Media
    (The 7th Inter-Asia Popular Music Studies (IAPMS) 2020)
  • Media and Arts in the Time of COVID-19
    (Post-Media Research Network (PMRN) Online Symposium 2020)
  • 1990年代のメディア言説における朝鮮戦争の記憶
    (日本マス・コミュニケーション学会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ
  • 1998 - 1999 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ
  • 1982 - 1986 京都大学
学位 (1件):
  • Ph.D. Sociology (Goldsmiths College, University of London)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 東京藝術大学 大学院国際芸術創造研究科 教授
  • 2005/04 - 2016/03 東京藝術大学 音楽学部音楽環境創造科 准教授
  • 1999/04 - 2005/03 九州大学 大学院比較社会文化研究科 助教授
  • 1998/04 - 1999/03 九州大学 大学院比較社会文化研究科 助手
委員歴 (7件):
  • 2021/10 - 現在 Communication, Culture and Critique Editorial Board
  • 2021/07 - 現在 日本マスコミュニケーション学会 理事、研究活動委員会委員長
  • 2021/04 - 現在 認定特定非営利活動法人OurPlanet-TV(アワープラネットティービー) 副代表理事
  • 2019/12 - 現在 日本ポピュラー音楽学会 理事(庶務・事務局)
  • 2018/06 - 現在 International Journal of Cultural Studies Editorial Board
全件表示
所属学会 (4件):
日本ポピュラー音楽学会 ,  日本マス・コミュニケーション学会 ,  INTER-ASIA CULTURAL STUDIES SOCIETY ,  ASSOCIATION FOR CULTURAL STUDIES
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る