研究者
J-GLOBAL ID:201901017215887168   更新日: 2020年07月03日

石川 武雅

イシカワ タケマサ | Ishikawa Takemasa
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 基礎看護学
研究キーワード (7件): リハビリテーション ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  拡大・代替コミュニケーション ,  AAC ,  難病看護 ,  神経難病 ,  看護
論文 (10件):
  • Ishikawa Takemasa, Narita Yugo, Imura Tamotsu, Tanaka Yuji, Nakai Michiko, Fukuroku Keiko. The Effect of a Half-Day Training Program for Students in Multiple Healthcare Disciplines on Communication Support for People with Amyotrophic Lateral Sclerosis using Pre- / Post-tests. International Symposium on Affective Science and Engineering. 2020. 2020. 0. 1-4
  • Ishikawa Takemasa, Narita Yugo, Imura Tamotsu, Tanaka Yuji, Nakai Michiko, Fukuroku Keiko. The Experience of Augmentative and Alternative Communication on a Half-Day Training Program on Communication for Support of People with Amyotrophic Lateral Sclerosis:- Text mining the free-text comments of students from multiple healthcare disciplines -. International Symposium on Affective Science and Engineering. 2020. 2020. 0. 1-5
  • Imura Tamotsu, Narita Yugo, Nakai Michiko, Tanaka Yuji, Ishikawa Takemasa. Understanding the burden in communication through a short-term education program with practical experiences:- Focus on VAS differences among method and transition through experience -. International Symposium on Affective Science and Engineering. 2020. 2020. 0. 1-4
  • 井村 保, 瓜巣 敦子, 成田 有吾, 田中 優司, 中井 三智子, 石川 武雅. 神経難病のコミュニケーション支援に関する短期体験教育研修プログラムの提案-体験学習前後の負担感変化とその要因の分析-. 中部学院大学・中部学院大学短期大学部教育実践研究 = Chubu Gakuin University and Chubu Gakuin College Journal of Educational Research and Practice. 2019. 5. 205-214
  • 石川 武雅, 成田 有吾, 井村 保, 田中 優司, 中井 三智子. 神経難病患者のコミュニケーション支援に関する体験研修参加学生の属性と総合自由記載の検討. 日本難病医療ネットワーク学会機関誌. 2019. 7. 1. 83-83
もっと見る
MISC (1件):
  • 石川 武雅. 医療系学生のAAC使用経験の有無による伝達文字数の比較 (特集 各種難病の看護支援). 難病と在宅ケア. 2020. 25. 12. 24-27
講演・口頭発表等 (6件):
  • Gross numbers of letters as the effect of short-term training program for augmentative and alternative communication on health-care students after 6 months
    (30th international symposium on ALS/MND 2019)
  • 短期間のコミュニケーション支援研修におけるAAC使用経験の有無による伝達文字数の比較
    (日本難病看護学会誌 2019)
  • An education program to support communication for people with ALS: checking discretion ability by a pre- and post-test evaluation
    (29th International Symposium on ALS/MND 2018)
  • テキストマイニングを用いたAAC使用体験演習の効果分析
    (日本難病医療ネットワーク学会機関誌 2018)
  • 気管切開を伴う呼吸器装着ALS患者の在宅療養について 県内の現況から全国調査の提案
    (日本難病医療ネットワーク学会機関誌 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2020 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科 保健学専攻
  • 2018 - 2020 三重大学 医学系研究科 看護学専攻
  • 2011 - 2015 三重大学 医学部 看護学科
学位 (1件):
  • 看護学修士 (三重大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 大阪大学
  • 2015/04 - 現在 三重大学医学部附属病院 看護師
所属学会 (2件):
日本難病医療ネットワーク学会 ,  日本難病看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る