研究者
J-GLOBAL ID:202001003071765640   更新日: 2022年01月16日

石黒 翔

イシグロ ショウ | Ishiguro Sho
所属機関・部署:
職名: ポストドクター研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  こころの未来研究センター   ポストドクター研究員
研究分野 (2件): 実験心理学 ,  認知科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2025 意味的類似性効果に基づく意味的保持メカニズムの解明
  • 2017 - 2020 社会的場面におけるワーキングメモリ機能とその認知的基盤
論文 (3件):
  • Sho Ishiguro, Satoru Saito. The detrimental effect of semantic similarity in short-term memory tasks: A meta-regression approach. Psychonomic Bulletin & Review. 2021. 28. 2. 384-408
  • Sho Ishiguro, Satoru Saito. Person-based organisation in working memory. Quarterly Journal of Experimental Psychology. 2019. 72. 6. 1439-1452
  • Sho ISHIGURO, Satoru SAITO. SOCIAL DIMENSIONS IN SIMILARITY JUDGMENT OF FACES. PSYCHOLOGIA. 2019. 61. 4. 252-268
MISC (2件):
  • Sho Ishiguro, Satoru Saito. A Replication of Ishiguro and Saito (2020, https://psyarxiv.com/va5js/). 2021
  • Sho Ishiguro, Satoru Saito. Whether and how semantic similarity impairs short-term memory: A test with a new index of semantic similarity. 2020
講演・口頭発表等 (14件):
  • 制御スケジュールの学習:規則性へのアウェアネスと課題成績の関係
    (日本ワーキングメモリ学会第18回大会 2021)
  • Control schedule learning: An exploratory examination with the Multi-Source Interference Task
    (EPS Online 2021)
  • The detrimental effect of semantic similarity on immediate serial recall
    (EPS Online 2021)
  • Does the Semantic Similarity Have a Detrimental Effect in Short-Term Memory Tasks?
    (Psychonomic Society's 61st Annual Meeting 2020)
  • Googleサービスを用いた半自動実験参加者募集システム
    (日本認知心理学会第17回大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2017 - 2020 京都大学
  • 2015 - 2017 京都大学
  • 2013 - 2015 京都大学
  • 2011 - 2013 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2020/10 - 現在 京都大学 大学院教育学研究科 研究員
  • 2020/10 - 現在 京都大学 こころの未来研究センター 研究員
  • 2017/04 - 2020/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC1
  • 2018/08 - 2018/08 西オーストラリア大学 訪問学生
受賞 (2件):
  • 2017/05 - 日本学生支援機構 大学院第一種奨学生特に優れた業績による返還免除制度(全額免除)
  • 2016/12 - 日本ワーキングメモリ学会 第13回日本ワーキングメモリ学会大会優秀発表賞 リーディングスパン課題における人物表象の影響
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る