研究者
J-GLOBAL ID:202001005226580954   更新日: 2024年02月01日

小山 毅

コヤマ ツヨシ | KOYAMA Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (1件): 鋼構造,耐水構造,計算力学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2022 - 2025 浸水後に継続使用される戸建住宅の技術的な被害軽減方策・復旧手順の開発
  • 2019 - 2022 令和元年台風19号及び台風21号による広域災害に関する総合研究
  • 2018 - 2021 開水路中に設置された構造物に作用する定常流による抗力及び揚圧力の数値流体解析
  • 2014 - 2017 構造物に作用する津波サージフロント衝撃力の評価手法に関する基礎的研究
論文 (18件):
  • T. Koyama. EVALUATION OF LATERAL FORCE ON A SQUARE CYLINDER FIXED IN CHANNEL FLOW USING NON-HYDROSTATIC SWE EQUATIONS. 2021. C002587
  • T. Koyama, T. Fukushima, J. Iyama, T. Fukuda. ESTIMATION OF STRESS DISTRIBUTION BY MICRO STRAIN MEASUREMENT IN SEISMIC REINFORCEMENT STEEL BRACE. 17 th World Conference on Earthquake Engineering, 17WCEE. 2021. C004410
  • Tsuyoshi Koyama, Jun Iyama, Yoshihiro Fukushima, Shota Miyazaki, Naoto Kato. Analysis on the Behavior of Seismic Retrofitting Steel Brace Based on Acceleration and Strain Response Measurements. 9th International Conference on Experimental Vibration Analysis for Civil Engineering Structures (EV. 2021
  • 小山毅, 西嶋一欽, 藤本郷史, 山田真史. 氾濫流による建物被害調査. 陸上建物の津波荷重に関する研究の現状. 2021. 69-74
  • 重永 海人, 小山 毅. 粒子法による開水路内に設置された角柱に作用する抗力・揚圧力の検討. 2021年度(第92回)日本建築学会関東支部研究報告集. 2021
もっと見る
MISC (13件):
  • TIAN Qi-xiang, KOYAMA Tsuyoshi, KUWAMURA Hitoshi. 22332 Study on Steel Cone-to-Cylinder Socket Connections : Part 11 Simplification of Mises' Yield Condition for Axisymmetrically Loaded Cylindrical Shells. 学術講演梗概集. 2015. 2015. 663-664
  • 小山 毅. 確率論的Cyclic Void Growth Modelによる鋼の極低サイクル疲労予測, A.T. Myers, A.M. Kanvinde, G. Deierlein, J. Baker : A Probabilistic Formulation of the Cyclic Void Growth Model to Predict Ultra-Low Cycle Fatigue in Structural Steel [ASCE Journal of Engineering Mechanics, Published online October 12, 2013, doi:10.1061/(ASCE)EM.1943-7889.0000728](構造,文献抄録). 2014. 1653. 72
  • 小山 毅. 鉄骨フレームにおけるボルト接合部の損傷同定, Jann N. Yang, Ye Xia and Chin-Hsiung Loh: Damage Identification of Bolt Connections in Steel Frame [ASCE Journal of Structural Engineering, Published online February 27, 2013, doi:10.1061/(ASCE)ST.1943-541X.0000831](構造,文献抄録). 2013. 1647. 91
  • 小山 毅. 木造壁に作用する津波荷重の実大実験, D. Linton, R. Gupta, D. Cox, M. Clauson, J. van de Lindt, M. E. Oshnack : Evaluation of Tsunami Loads on Wood Frame Walls at Full Scale [ASCE Journal of Structural Engineering, Published online August 10, 2012, doi:10.1061/(ASCE)ST.1943-541X.0000644](構造,文献抄録). 2013. 1642. 69
  • 小山 毅. 露出柱脚の回転剛性に関する実験及び解析モデル A.M. Kanvinde, D.A. Grilli and F. Zareian:Rotational Stiffness of Exposed Column Base Connections:Experiments and Analytical Models [ASCE Journal of Structural Engineering, Vol.138, No.5, May 2012, pp.549-560](構造,文献抄録). 2012. 1634. 77
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • Special Session: Super advanced exploration, simulation, and monitoring
    (17WCEE 17th World Conference on Earthquake Engineering 2021)
  • 2019 年台風 19 号の風水害(PD:激甚化する気象災害に対して建築は何が出来るのか)
    (日本建築学会大会 2021)
  • 20079 開水路に設置された角柱に作用する定常流による水平力の抗力係数に及ぼす流出境界条件の影響
    (2020)
  • 20018 ゲート急開による遡上津波水槽実験のOpenFOAM数値流体解析
    (2019)
  • 10022 開水路定常流を受ける角柱に作用する抗力に及ぼすフルード数及び閉塞率の影響に関する水理学的考察
    (2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2008 University of California, Berkeley School of Engineering Department of Civil Engineering
  • 2001 - 2003 東京大学 工学系研究科 建築学専攻
  • 1997 - 2001 東京大学 工学部 建築学科
学位 (4件):
  • 学士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)
  • Ph.D. (University of California, Berkeley)
  • M.S. (University of California,Berkeley)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 東京電機大学大学院 未来科学研究科 建築学専攻
  • 2020/04 - 現在 東京電機大学大学院 先端科学技術研究科 建築・建設環境工学専攻
  • 2020/04 - 現在 東京電機大学 未来科学部 建築学科
  • 2011/07 - 2020/03 東京大学 工学系研究科建築学専攻 助教
  • 2009/08 - 2011/06 東京大学 工学系研究科建築学専攻 助教
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2022/04 - 現在 日本建築学会 津波荷重小委員会津波ハザードリスク評価WG 幹事
  • 2020/04 - 現在 日本建築学会 鋼構造次世代設計規準検討小委員会 委員
  • 2018/04 - 2022/03 日本建築学会 津波荷重小委員会津波ハザードリスク評価WG 委員
  • 2012/04 - 2022/03 日本建築学会 関東支部構造専門研究委員会 鋼構造WG 委員
  • 2019/04 - 2020/03 日本建築学会 関東支部構造専門研究委員会 主査
全件表示
所属学会 (1件):
日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る