研究者
J-GLOBAL ID:202001017836164799   更新日: 2021年04月14日

堀口 智美

ホリグチ トモミ | Horiguchi Tomomi
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (1件): 糖尿病
論文 (27件):
  • 大橋 佳代, 稲垣 美智子, 多崎 恵子, 堀口 智美. 再発や増悪を経験したがん患者が“家族と対話し難い体験”. 日本看護研究学会雑誌. 2020
  • 濵野 初恵, 稲垣 美智子, 多崎 恵子, 松井 希代子, 堀口 智美. 高齢血液透析患者における健康情報を活用するプロセス. 日本看護研究学会雑誌. 2020. 43. 2. 245-253
  • 堀口 智美, 稲垣 美智子, 多崎 恵子, 浅田 優也, 太田 沙季子. 2型糖尿病患者の性別からみた家族サポート感取・対応力(ARRF)とHbA1cおよび関連要因との関係. 日本糖尿病教育・看護学会誌. 2020. 24. 1. 1-8
  • 宮崎 史帆, 鈴木 健太, 西田 安見, 堀口 智美, 稲垣 美智子, 多崎 恵子. 総合病院における入院患者同士の交流の実態. 看護実践学会誌. 2020. 32. 2. 23-32
  • 北川 麻衣, 稲垣 美智子, 多崎 恵子, 堀口 智美. 就労している2型糖尿病患者が捉える家族支援と食事自己効力感の関係. 看護実践学会誌. 2020. 32. 2. 33-43
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 「就労男性2型糖尿病患者の受領している家族からの食事サポート尺度」の開発
    (日本糖尿病教育・看護学会誌 2019)
  • 糖尿病をもつ患者の"わかっているけれど、できない"ことへの自己対処の様相
    (日本糖尿病教育・看護学会誌 2019)
  • 舌がんとともに生きる経験
    (日本がん看護学会誌 2019)
  • 2型糖尿病性腎症患者の「療養認識パターン」の維持と腎機能悪化阻止の縦断的調査
    (日本糖尿病教育・看護学会誌 2018)
  • 糖尿病受診勧奨機会から現在の療養生活に至る構造
    (日本糖尿病教育・看護学会誌 2018)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2015/08 - 現在 金沢大学医薬保健研究域保健学系
  • 2008/04 - 2015/07 金沢大学附属病院
所属学会 (5件):
日本看護科学学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本がん看護学会 ,  看護実践学会 ,  日本糖尿病教育・看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る