{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:202002248916394311   整理番号:20A0568854

ラットモデルにおける主要肝切除後の5-フルオロウラシル投与の薬物動態学的および毒物動態学的評価【JST・京大機械翻訳】

Pharmacokinetic and toxicodynamic evaluation of 5-fluorouracil administration after major hepatectomy in a rat model
著者 (17件):
資料名:
巻: 85  号:ページ: 345-352  発行年: 2020年
JST資料番号: W4134A  ISSN: 1432-0843  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
背景:結腸直腸肝転移に対する肝切除後の化学療法は,毒性副作用のために確立されておらず,これは肝再生時の薬物クリアランスの障害に関連している可能性がある。ラットモデルにおける主要な肝切除後の肝再生時の5-フルオロウラシル(5-FU)の薬物動態学的および毒物動態学的評価を検討した。【方法】36匹の雄Wistarラットを,対照(C),化学療法(CC)による対照,肝切除(H),および化学療法(HC)群による肝切除に分割した。CC群とHC群には5-FUを4日間投与した。血しょう5-FU,肝重量,および肝臓ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ(DPD)を測定した。回腸絨毛高さを測定し,副作用を測定した。【結果】5-FUの曲線下面積および最大血漿濃度は,CC群と比較してHC群でそれぞれ51%および32%まで増加した。肝再生率はH群よりHC群で有意に低かった(67.3±7.4対33.0±5.7%,p<0.001)。HC群は,CC群より有意に低い肝臓DPDを有した(4.4±1.1mg対6.9±1.1mg,p<0.01)。HC群は,CC群より有意に低い回腸絨毛高さを有した(253±40μm対318±36μm,p<0.05)。結論:主要肝切除後の総肝臓DPDの減少は,血漿5-FUレベルと5-FU関連毒性の増加を引き起こした。Copyright Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature 2019 Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
消化器の腫よう  ,  腫ようの薬物療法 

前のページに戻る