研課題
J-GLOBAL ID:202104002294046485  研究課題コード:11101773

アルツハイマー型認知症の血液糖鎖マーカーによる早期診断システムの開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学部 )
研究概要:
本研究の最終目標は、アルツハイマー型認知症(AD)における血液中の糖タンパクの糖鎖異常を診断マーカーとして確立することである。そのため本研究ではレクチン酵素免疫測定法の改良による検出系の感度の改良をcapture抗体の糖鎖を除去する方法によって検討した。しかしcapture抗体の糖鎖除去では検出系の感度の改良がみられないことが本研究により判り、検出を改良し新たな測定系を確立することに計画を変更しその準備を行った。ADの1種の糖タンパクの糖鎖異常の詳細解析を数例ではあるが行うことができ、糖鎖異常部位の決定が示唆される結果を得ることができている。また本研究課題の進行中に企業との連携を開始することが決定し、検出系の改良による測定系の検証が現在進行中である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る