研課題
J-GLOBAL ID:202104010709549120  研究課題コード:12101377

宮城県・岩手県の津波被災水田に適する耐塩性飼料用水稲品種の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 作物研究所 稲研究領域 )
研究概要:
稲発酵粗飼料向けの飼料用水稲品種「たちすがた」と耐塩性が極めて強い海外品種「NonaBokra」の交雑後代から、DNAマーカーを用いて「NonaBokra」の持つ複数の耐塩性遺伝子を導入した強い耐塩性を持つ飼料用水稲系統「関東飼265号」を選抜した。また、この系統の耐塩性機構を解明し、Naイオンの根から地上部への移行の抑制による地上部Naイオン濃度の上昇の軽減が優れた耐塩性の要因であることを明らかにできた。さらにこの系統を場内水田および宮城県石巻市の被災現地水田で栽培試験し、この系統の有効性を明らかにできた。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る