Rchr
J-GLOBAL ID:201201030887466386   Update date: Mar. 02, 2021

Ogawa Tom

オガワ トム | Ogawa Tom
Affiliation and department:
Job title: 専任講師
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (8): コミュニケーション ,  若者 ,  歴史社会学 ,  知識社会学 ,  文化社会学 ,  メディア研究 ,  メディア論 ,  社会学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2024 現代若者の再帰的ライフスタイルの諸類型とその成立条件の解明
  • 2019 - 2022 Constructing ethno-medialogy: Interdisciplinary investigations of correlations and transformations of narrative, embodiment and imagery
  • 2018 - 2022 戦後日本における「若者」を社会問題化する言説のエスノメソドロジー研究
  • 2015 - 2017 戦後日本における「若者」をめぐる言説実践の歴史社会学
  • 2014 - 2016 広告クリエーターはいかにして企業課題を解決しているのか ~経営者とクリエーターの会話分析~
Papers (6):
  • 岡田庄生, 小川豊武. 広告クリエーターはいかにして企業課題を発見しているのか : クリエーターによる経営者への課題ヒアリング場面の分析. 広告科学. 2016. 63. 31-41
  • 小川 豊武. 若者言説はいかにして可能になっているのか--心理学的知としての「モラトリアム」の概念分析. 年報社会学論集. 2014. 27. 37-48
  • Tom Ogawa. The Practice of Seinen and Wakamono Categorization in Post-war Japan: A Case Study of Newspaper Coverage from the 1950s to the 1960s. JOUNAL OF MASS COMMUNICATION STUDIES. 2014. 84. 89-107
  • 寺地幹人, 小川豊武. 若年層の政治関心と趣味 --「趣味活動」と「趣味嗜好」という観点から. ソシオロゴス. 2013. 37. 132-153
  • KITADA Akihiro, SHINDO Yusuke, KUDO Masato, OKAZAWA Yasuhiro, DAN Yasuaki, TERACHI Mikito, OGAWA Tomu. Subcultural Practices and Communication of Young People : A survey research addressed to the young people in the Nerima ward in 2010. Research survey reports in information studies interfaculty initiative in information studies, the University of Tokyo. 2013. 29. 29. 105-153
more...
MISC (3):
  • 小川 豊武. 分断された都市の中の「階層最適化されたリアリティー」-「東京カレンダー」のメディア/都市・論-. 学苑. 2019. 941. 97-105
  • 小川 豊武. 社会学者は、経営者とクリエイターの対談を どう見たか. DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー・オンライン. 2015
  • 小川 豊武. 「従業員を「スピリチュアルに」管理するとはいかなることか--ブルデューの「象徴暴力」概念に依拠した理論的研究」(書評). 日本労働研究雑誌. 2013. 639. 96-97
Books (4):
  • NNNドキュメント・クロニクル : 1970-2019
    東京大学出版会 2020 ISBN:9784130501996
  • 音楽化社会の現在
    新曜社 2019 ISBN:4788516217
  • 二十一世紀の若者論
    世界思想社 2017 ISBN:4790716937
  • -
    2016 ISBN:432665404X
Lectures and oral presentations  (16):
  • 東京を飼いならす--雑誌『東京ウォーカー』『東京カレンダー』の言説実践
    (第92回 日本社会学会大会 2019)
  • マーケティング言説における「若者」・再考
    (第 90 回 日本社会学会大会 2017)
  • -
    (tommystream 2016)
  • -
    (tommystream 2016)
  • -
    (tommystream 2015)
more...
Education (3):
  • 2011 - 2019 東京大学大学院 社会情報学コース 博士課程
  • 2009 - 2011 東京大学大学院 社会情報学コース 修士課程
  • 2001 - 2005 Waseda University
Professional career (1):
  • 修士 (東京大学大学院学際情報学府)
Work history (5):
  • 2016/10 - 現在 Showa Women's University Faculty of Humanities and Social Sciences, Department of Contemporary Liberal Arts
  • 2015/04 - 2016/09 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2013/04 - 2015/03 学校法人サンシャイン学園 東京福祉保育専門学校 非常勤講師
  • 2013/04 - 2015/03 Japanese Association for Social Reseach
  • 2012/04 - 2015/03 The Japan Institute for Labour Policy and Training
Awards (1):
  • 2014/05 - 日本広告学会 クリエーティブ・フォーラム2014 ポスターセッション 学生MEP(Most Expectative Presentation) 広告ターゲット分析:若年層の地元意識についての研究
Association Membership(s) (5):
JAPAN ASSOCIATION FOR URBAN SOCIOLOGY ,  JAPAN ACADEMY OF ADVERTISING ,  THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page