Rchr
J-GLOBAL ID:200901000904291038   Update date: Jun. 01, 2016

FUJIO GOTO

ゴトウ フジオ | FUJIO GOTO
Affiliation and department:
Research field  (2): Economic policy ,  Economic policy
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 北朝鮮経済の研究
  • Study of North Korean Economy
MISC (24):
  • 「北朝鮮の改革的経済政策の変化と限界」. 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』第66号. 2011. 99-102
  • 「北朝鮮経済の現状と課題」. 『日本』財団法人日本学協会7月号. 2008. 13-18
  • 「北朝鮮の対中国貿易」. 日本経済政策学会『経済政策ジャーナル』第60号. 2008. 32-35
  • 「二重経済モデルからみた北朝鮮経済」. 現代韓国朝鮮学会『現代韓国朝鮮研究』第7号. 2007. 18-23
  • 「北朝鮮の改革的経済政策の動向と展望」. 『大阪学院大学経済論集』第19巻第2号. 2005. 39-54
more...
Books (12):
  • 「北朝鮮の改革的経済政策と中国への金属鉱物輸出」中野守編『現代経済システムと公共政策』
    中野守編『現代経済システムと公共政策』中央大学出版部 2006
  • 「1990年代前半の北朝鮮の対中国貿易」
    伊豆見元・張達重編著『金正日体制の北朝鮮ー政治・外交・経済・思想』慶応義塾大学出版会 2004
  • 「市場経済化をためらう北朝鮮経済の現状と今後」
    中央大学経済研究所編『市場経済移行政策と経済発展ー現状と課題ー』中央大学出版部 1998
  • 「2ヵ年経済計画の実施」ほか21項目
    小此木政夫編著『北朝鮮ハンドブック』講談社 1997
  • Okonogi, Masao et al. , A Handbook on North Korea
    Kodansha 1997
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • 北朝鮮の改革的経済政策の変化と限界
    (日本経済政策学会第67回全国大会 2010)
  • 北朝鮮の対中国貿易
    (日本経済政策学会第64回全国大会 2007)
  • Economic Reforms in North Korea: Lessons from Mongolia’s Experiences
    (4th Workshop on Economic Development Strategies of East Asian Countries, The Mongolian Development Research Center, Ulaanbaatar 2005)
Works (4):
  • 北朝鮮政治・経済体制論の再構築(科学研究費補助金・基盤研究B:鐸木昌之代表)
    2009 - 2011
  • 経済体制論部会;新世紀経済政策研究会;経済政策部会;経済政策研究会(中央大学経済研究所)
    1987 - 2002
  • 日韓共同研究フォーラム(日韓文化交流基金)
    1996 - 1998
  • Japan and South Korea Cooperation Study Forum
    1996 -
Education (4):
  • - 1989 Kyoto Sangyo University
  • - 1989 Kyoto Sangyo University
  • - 1978 Kyoto Sangyo University Department of Business Administration
  • - 1978 Kyoto Sangyo University
Professional career (1):
  • Doctor of Economics (Kyoto Sangyo University)
Committee career (1):
  • 2013 - 日本経済政策学会 関西部会理事
Association Membership(s) (5):
現代韓国朝鮮学会 ,  アジア政経学会 ,  ロシア・東欧学会 ,  日本経済政策学会 ,  国際経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page