Rchr
J-GLOBAL ID:200901009681123305   Update date: Sep. 01, 2020

Arima Hidetoshi

アリマ ヒデトシ | Arima Hidetoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://seizai.pharm.kumamoto-u.ac.jp/index.html
Research field  (3): Pharmacology ,  Clinical pharmacy ,  Pharmaceuticals - analytical and physicochemistry
Research keywords  (7): サクラン ,  スイゼンジノリ ,  シクロデキストリン ,  製剤学 ,  薬物送達学 ,  Physical Pharmaceutics ,  Drug Delivery System
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2016 - 2019 DDS技術を利用した新規作用機作を有する脳アミロイドーシス治療薬の開発
  • 2016 - 2019 ゲノム編集技術を用いた遺伝性難病治療を実現する非ウイルスベクターの開発
  • 2015 - 2015 高濃度含有抗体製剤の新規DDS素材としての超分子ハイドロゲルの開発
  • 2014 - 2015 サクランの新規機能性に関する研究
  • 2014 - 2015 がん細胞を直接ターゲットするがん治療DDSキャリアの開発
Show all
Papers (239):
more...
MISC (95):
more...
Patents (27):
Books (20):
  • 最新製剤学(第4版)
    廣川書店 2017
  • スイゼンジノリとサクランの魅力
    熊日出版 2017
  • 核酸医薬の創製と応用展開
    シーエムシー出版 2016
  • シクロデキストリンを基盤とした革新的なDDS技術および医薬品の開発
    ファルマシア 2013
  • ひご野菜の「スイゼンジノリ」と新規バイオマテリアルの「サクラン」の未来
    Bio九州 2013
more...
Lectures and oral presentations  (663):
  • 活性保持型 PEG 化技術およびポリ擬ロタキサン技術の融合によるインスリンの制御放出システム
    (日本薬学会第 138 年会、金沢 2018)
  • 葉酸修飾メチル-β-シクロデキストリンによるミトコンドリア由来活性酸素種の過剰産生を介したマイト ファジーの誘導
    (日本薬学会第 138 年会、金沢 2018)
  • 新規アジュバントとしての 2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンと CpG-ODN の併用効果
    (日本薬学会第 138 年会、金沢 2018)
  • 包接特性を利用したアダマンタン修飾 HSA との複合体形成による葉酸修飾メチル-β-シクロデキストリンの抗腫瘍効果の向上
    (日本薬学会第 138 年会、金沢 2018)
  • ドキソルビシンの副作用回復薬としての葉酸修飾シクロデキストリンの有用性評価
    (日本薬学会第 138 年会、金沢 2018)
more...
Works (17):
  • がん細胞を直接ターゲットするがん治療DDSキャリアの開発(1,200,000円)
    2014 - 2015
  • 高濃度含有抗体製剤の新規DDS素材としての超分子ハイドロゲルの開発(1,700,000円)
    2015 -
  • 高濃度含有抗体製剤の新規DDS素材としての超分子ハイドロゲルの開発
    2015 -
  • アルキン化シクロデキストリン誘導体の技術応用(200,000円)
    2013 - 2014
  • シクロデキストリン複合体の医薬品への対応
    2007 - 2008
more...
Education (4):
  • - 1991 Kumamoto University
  • - 1991 Kumamoto University
  • - 1986 Kumamoto University
  • - 1986 Kumamoto University
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy (Pharmaceutical Science) (Kumamoto University)
Work history (10):
  • 2010 - Kumamoto University Faculty of Life Sciences
  • 2010 - Professor,Faculty of Life Sciences(Pharmaceutical sciences group),Kumamoto University
  • 2007 - 2009 教授
  • 2007 - 2009 Professor,
  • 2003 - 2007 助教授
Show all
Committee career (23):
  • 2018/04 - 現在 日本薬剤学会 製剤・創剤セミナー 実行委員長
  • 2015 - 現在 日本核酸医薬学会 評議員
  • 2015 - 現在 日本DDS 学会評議員
  • 2012 - 現在 日本薬剤学会 評議委員
  • 2016/04 - 2018/03 厚生労働省 薬剤師国家試験出題委員
Show all
Awards (7):
  • 2017/08 - 日本シクロデキストリン学会 シクロデキストリン学会賞 シクロデキストリンを基盤分子とする 統合型ドラッグデリバリーシステムの 構築と医薬品原薬への応用
  • 2016/06 - バイオテクノロジー推進協議会 研究助成金
  • 2014 - 上原記念生命科学財団研究助成
  • 2011 - The Best Reviewer in Pharmaceutical Sciences
  • 2003 - 日本薬学会九州支部学術奨励賞
Show all
Association Membership(s) (14):
製剤機械技術学会 ,  American Association of Pharmaceutical Scicences ,  バイオマテリアル学会 ,  遺伝子・デリバリー研究会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF XENOBIOTICS ,  THE JAPAN SOCIETY OF DRUG DELIVERY SYSTEM ,  THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN ,  アジアオセアニア シクロデキストリンリーグ 会長 ,  日本薬剤学会 評議員 ,  オリゴヌクレオチド治療学会 ,  サクラン研究会 ,  日本シクロデキストリン学会 ,  Asian Oceanian Cyclodextrin League Chair ,  Oligonucleotide Therapy Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page