Rchr
J-GLOBAL ID:200901036705216579   Update date: Feb. 10, 2021

Maruyama Naoko

マルヤマ ナオコ | Maruyama Naoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (1): Japanese Processing
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 現代日本語の文法体系の構築
  • Study on Japanese Grammar
MISC (20):
  • 助詞「に」を伴う<役割>成分-コーパスに基づく分析-. 日本語文法. 2010. 10. 1. 71-87
  • 話しことばにおける漢語. 東京女子大学比較文化研究所紀要. 2005. 66. .27-38
  • 話しことばの助詞-「って」を中心に. 東京女子大学日本文学. 2002. 98
  • 副助詞「くらい」「だけ」「ばかり」「まで」の、いわゆる<程度用法>と<とりたて用法>. 東京女子大学 日本文学. 2001. 95
  • Utilization of Computers in Research and Teaching in Japanese Linguistics. Travaux de Linguistique Japonaise. 1997. 10. 29-40
more...
Books (5):
  • 現代日本語学入門(共著)
    明治書院 2007
  • 話し言葉の諸相
    音声による人間と機械の対話(オーム社) 1998
  • Various Phenomena of Spoken Japanese
    1998
  • 日本語の表現(編著)
    圭文社 1993
  • Japanese Expressions
    Keibun-sha 1993
Education (4):
  • - 1983 Tokyo Woman's Christian University
  • - 1983 Tokyo Woman's Christian University
  • - 1981 Tokyo Woman's Christian University
  • - 1981 Tokyo Woman's Christian University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Tokyo Woman's Christian University)
  • 博士(文学) (青山学院大学)
Work history (2):
  • 1983 - 1987 IBM Japan, Ltd. Tokyo Research Laboratory
  • 1983 - 1987 IBM Japan Tokyo Research Laporatory researcher
Committee career (4):
  • 2000 - 2004 日本語文法学会 学会誌編集委員、評議員
  • 2001 - 2003 日本語学会(旧国語学会) 大会企画運営委員・情報電子化委員、 編集委員・情報電子化委員
  • 1996 - 1999 言語処理学会 評議員
  • 1991 - 計量国語学会 事務局長
Association Membership(s) (6):
社会言語科学会 ,  情報処理学会 ,  言語処理学会 ,  日本語文法学会 ,  計量国語学会 ,  日本語学会(旧国語学会)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page