Rchr
J-GLOBAL ID:200901036758768417   Update date: Jan. 09, 2020

KOGA Masayoshi

コガ マサヨシ | KOGA Masayoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~m-koga/index.html?fbclid=IwAR3dhKAgiYWypbXyfqZyduF-KrWfhO2tdGAmeQNlH9iuADOtVz0FMOCCfzghttp://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~m-koga/index.html?fbclid=IwAR3dhKAgiYWypbXyfqZyduF-KrWfhO2tdGAmeQNlH9iuADOtVz0FMOCCfzg
Research field  (3): Sociology ,  Education ,  Sociology of education
Research keywords  (4): Sociology of Education ,  青少年問題の実証分析 ,  学校組織の改革 ,  質的調査法の応用
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2017 - 2020 課題集中校での社会情動的スキル形成のための生徒指導実践に関するエスノグラフィ研究
  • 2016 - 2018 困難を有する若者の教育と支援
  • 2014 - 2018 戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究
  • 2013 - 2016 Sociological Studies about High School Drop-out and Support System in Tokyo
  • 2013 - 2015 困難を有する若者にとっての「ソーシャルスキル」認識
Show all
Papers (14):
  • 古賀正義. 著者が語る社会調査テキスト:『質的調査法を学ぶ人のために』(2008年、世界思想社). 『社会と調査』22号. 2019. 124-125
  • 古賀正義. 若者の就労不安と働き方・ライフコースの特性 -リスク社会論の視点からの実証研究-. 中央大学『教育学論集』. 2019. 61集. 49-65
  • 古賀正義. みんな一緒に」を求めすぎる日本の学校-内在型集団主義文化の功と罪. 『児童心理』平成30年12月号. 2018. 72. 13. 26-32
  • 古賀正義. 【書評】本田由紀・中村髙康・乾彰夫編著『危機のなかの若者たち-教育とキャリアに関する5年間の追跡調査』. 『教育学研究』. 2018. 85. 3. 66-68
  • 古賀正義. 就労不安と働き方・ライフコース. 内閣府『子供・若者の意識に関する調査(平成29年度)報告書』. 2018. 144-153
more...
MISC (118):
  • 古賀正義. 地域で進める若者支援-スクラム連携の時代へ向かって. 東京都青少年治安対策本部『人権尊重の社会-同和問題をはじめとする人権問題理解のために』<青少年指導者用冊子>. 2019. 1-7
  • 古賀. 若者における「社会的孤立」の偏位-ネットワーク分析の調査視点から-. 中央大学『教育学論集』. 2018. 第60集. 21-34
  • 古賀. 集団の中で育つもの-学級活動・特別活動の実践から考える. 『児童心理』平成29年12月号. 2017. 第71巻17号=1050号
  • 古賀. 偏位する「社会的孤立」-その意味と課題. 内閣府『子供・若者の意識に関する調査(平成28年度)報告書』. 2017. 平成28年度版
  • 古賀. 高校中退者問題と貧困格差. 『月刊 高校教育』平成29年8月号. 2017. 平成29年8月号
more...
Books (45):
  • 現代学校論-生徒と教師の社会学
    亜紀書房 1982
  • 実践教職課程講座17 教育社会学
    日本教育図書センター 1988
  • 現代教育の探究
    協同出版 1988
  • 高校教育の社会学-教育を蝕む〈見えざるメカニズム〉の解明
    東信堂 1992
  • 学校文化の社会学
    福村出版 1993
more...
Lectures and oral presentations  (72):
  • 現代の子ども評価の構造-母親と教師の子ども評価を中心として
    (日本教育社会学会第32回大会 1980)
  • 新設高校の教育に関する継続的調査研究(その一)
    (日本教育社会学会第36回大会 1984)
  • 学校の存立と言明されざる教授学
    (日本教育社会学会第40回大会 1988)
  • 高卒者の地域リアリティに関する実証的研究
    (日本教育社会学会第45回大会 1993)
  • 中学校における教師の生徒コントロールに関する研究
    (日本教育社会学会第46回大会 1994)
more...
Works (7):
  • 内閣府・青少年相談機関に関する関東ブロック連絡会議(東京)
    2010 - 2010
  • 内閣府・全国中央研修会・「子ども・若者育成支援のための地域連携推進事業」講演
    2011 - 2011
  • 文部科学省・全国生涯学習ネットワークフォーラム2011・トークセッション講師「東日本震災から240日」
    2011 - 2011
  • 文部科学省・今後の高校教育の在り方に関するヒアリング
    2011 - 2011
  • プロジェクト・オンブレ(治療共同体運動)とスペインの若者文化・薬物乱用
    2014 - 2014
more...
Education (1):
  • 1981 - 1985 University of Tsukuba Graduate School, Division of Education 教育学専攻
Work history (22):
  • 1985/04 - 1989/03 秋田経済法科大学経済学部専任講師
  • 1989/04 - 1992/05 秋田経済法科大学経済学部助教授
  • 1994/04 - 1997/03 東北大学教育学部兼任講師
  • 1992/06 - 2003/03 宮城教育大学教育学部助教授
  • 2002/04 - 2003/03 福岡教育大学大学院教育学研究科兼任講師
Show all
Awards (1):
  • 2014/10/31 - 独立行政法人 日本学術振興会 「科研費」審査委員の表彰 科学研究費助成事業・第一段審査における優秀な意見による公正公平な審査への貢献
Association Membership(s) (16):
日本家族社会学会 ,  日本矯正教育学会 ,  日本犯罪社会学会 ,  日本社会学会 ,  関東教育学会(退会) ,  日本子ども社会学会 ,  日本子ども社会学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本教育社会学会 ,  Law and Society Association ,  Taiwan Association Sociology of Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page