Rchr
J-GLOBAL ID:200901058260078212   Update date: May. 12, 2024

Murakami Kazunari

ムラカミ カズナリ | Murakami Kazunari
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Gastroenterology
Research keywords  (3): 消化器内視鏡学 ,  消化器病学 ,  Gastroenterology
Research theme for competitive and other funds  (37):
  • 2023 - 2026 膵癌の浸潤に関与する新規がん抑制遺伝子PLEKHA2の機能解明と治療応用
  • 2023 - 2026 胆汁由来オルガノイドを用いた胆道癌の病態解明と治療標的の同定
  • 2022 - 2025 Search of novel H. pylori virulence factors related to gastric cancer development
  • 2021 - 2024 認知症患者のピロリ菌CagA抗体陽性率の検討
  • 2021 - 2024 胃癌と十二指腸潰瘍-ピロリ菌感染の場を起点として解く異なる二つの胃疾患発症機序
Show all
Papers (428):
  • Sotaro Ozaka, Ryusuke Soma, Haruhiko Takahashi, Yuta Shimomori, Masahide Fukuda, Koshiro Tsutsumi, Yuka Hirashita, Kensuke Fukuda, Ryo Ogawa, Kazuhiro Mizukami, et al. Tapeworm Infection Diagnosed after Campylobacter jejuni-induced Enteritis. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2024
  • 徳永 健吾, 塚平 俊久, 間部 克裕, 鈴木 秀和, 下山 克, 杉本 光繁, 沖本 忠義, 松井 英則, 柴山 恵吾, 太田 浩良, et al. 日本におけるNon-Helicobacter pylori Helicobacter species感染の実態調査~中間報告. 日本ヘリコバクター学会誌. 2024. 25. 2. 60-62
  • 小川 竜, 堤 康志郎, 首藤 充孝, 安部 高志, 小坂 聡太郎, 高橋 晴彦, 福田 健介, 岡本 和久, 水上 一弘, 兒玉 雅明, et al. 食道アカラシアに対する内視鏡治療の課題と展望 より安全なPOEMを目指して 食道粘膜損傷時のトラブルシューティング. 日本消化管学会雑誌. 2024. 8. Suppl. 182-182
  • 小坂 聡太郎, 堤 康志郎, 高橋 晴彦, 福田 健介, 小川 竜, 水上 一弘, 村上 和成. 小児に対する下部消化管内視鏡検査の現状とその鎮静法に関する臨床的検討. 日本消化管学会雑誌. 2024. 8. Suppl. 299-299
  • 福田 健介, 堤 康志郎, 小坂 聡太郎, 高橋 晴彦, 小川 竜, 水上 一弘, 村上 和成. 除菌後胃癌のリスク因子に関する内視鏡、血清、組織学的検討. 日本消化管学会雑誌. 2024. 8. Suppl. 311-311
more...
MISC (290):
  • 佐藤孝生, 佐上亮太, 佐上亮太, 錦織英史, 村上和成. 患者因子の段階的評価と画像所見を考慮した早期膵癌診断の新しいストラテジー. 日本消化器病学会雑誌(Web). 2023. 120
  • 佐上亮太, 佐上亮太, 錦織英史, 村上和成. 問診及び血液検査に基づく患者選定による効率的な膵癌早期発見法の検討. 膵臓(Web). 2023. 38. 3
  • 佐上亮太, 佐上亮太, 岡本和久, 村上和成. 初学多施設におけるEUS-BD成功に寄与する経験関連因子の検討. 日本消化器がん検診学会雑誌(Web). 2023. 61. Supplement 2
  • 水上一弘, 佐上亮太, 村上和成. 内視鏡検査を取り巻く新型コロナウイルス感染の危険性と当院の感染対策. Gastroenterological Endoscopy (Web). 2023. 65. Supplement1
  • 佐上亮太, 佐上亮太, 錦織英史, 村上和成. EUS-GBDバックアップ下ETGBDによる緊急内視鏡的胆嚢ドレナージの有用性と安全性. Gastroenterological Endoscopy (Web). 2023. 65. Supplement1
more...
Books (14):
  • 胃炎の京都分類
    日本メディカルセンター 2018 ISBN:9784888753098
  • 胃炎の京都分類Q and A
    日本メディカルセンター 2017 ISBN:9784888753005
  • 胃炎の京都分類
    日本メディカルセンター 2014 ISBN:9784888752718
  • Helicobacter pylori感染症の現状と展望
    2008
  • 消化器の検査15 ピロリ菌検査(UBT)
    2008
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • ポストピロリ時代における除菌後胃がんの現状と課題
    (第28回日本ヘリコバクター学会学術集会 2022)
  • ポストピロリ菌時代の胃疾患
    (JDDW2021 2021)
  • 高齢者の慢性便秘症の特徴と治療方針
    (第23回日本高齢消化器病学会総会 2021)
  • Greetings from Chairperson of International Exchange Committee
    (2021)
  • Gastric cancer risk assessment by Kyoto classification of gastritis and features of gastric cancer after eradication
    (GI Week 2020 2020)
more...
Works (1):
  • H.pylori陽性の胃潰瘍を対象としたE3810,AMPC,およびTE-031の三剤併用によるH.pylori除菌率と安全性の検討
    2003 -
Education (4):
  • - 1990 Oita Medical University
  • - 1990 Oita Medical University Graduate School, Division of Medicine
  • - 1983 Hiroshima University Faculty of Medicine School of Medicine
  • - 1983 Hiroshima University Faculty of Medicine
Professional career (1):
  • Docter(Medical) (Oita Medical University)
Work history (1):
  • - 現在 Oita University Faculty of Medicine
Committee career (11):
  • 2021/07 - 現在 日本ヘリコバクター学会 理事長
  • - 現在 日本カプセル内視鏡学会 代議員
  • - 現在 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • - 現在 日本病院総合診療医学会 評議員
  • - 現在 日本内科学会 評議員、認定内科医
Show all
Awards (6):
  • 2001 - 日本ヘリコバクター学会優秀賞
  • 2001 - Award of the Japanese Association of Helicobacter Research
  • 1998 - American Gastroenterological Association(AGA): DDW poster of distinction
  • 1996 - 第8回日本消化器病学会 奨励賞
  • 1995 - 第1回日本ヘリコバクター研究会 最優秀臨床演題賞
Show all
Association Membership(s) (9):
日本消化管学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本感染症学会 ,  日本ヘリコバクター学会 ,  日本胆道学会 ,  日本膵臓学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page