Rchr
J-GLOBAL ID:200901062587860450   Update date: Apr. 03, 2021

Takami Naoki

タカミ ナオキ | Takami Naoki
Affiliation and department:
Job title: -
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2021 ドイツのシュタインマンの企業倫理論に関する研究-企業対話に注目して-
Papers (10):
  • 高見直樹. 「シュタインマンの企業倫理論とプーマ社の事例 -企業対話に注目して-」. 『経済理論』. 2021. 404
  • 高見 直樹. 「岡本人志著『企業行動とモラル』(文眞堂、2011年)」. 『経済理論』. 2012. 370
  • 高見 直樹. 「企業不祥事の要因についての一考察 -シュタインマンの見解を中心として-」. 『研究年報』. 2010. 14
  • 高見 直樹. 「企業倫理と企業対話 -シュタインマンの見解を中心として-」. 『経済理論』. 2009. 351
  • 高見 直樹. 「シュタインマンの企業倫理論の基本構想」. 『経済理論』. 2007. 335
more...
Books (3):
  • 「グロッホラ」
    文眞堂 2012
  • 「「経営者の社会的責任」論批判と企業倫理論の構想 -シュタインマンの見解について-」
    千倉書房 2008 ISBN:9784805109090
  • 「「経営者の社会的責任」論とシュタインマンの企業倫理論」
    文眞堂 2004 ISBN:4830944900
Lectures and oral presentations  (1):
  • 「「経営者の社会的責任」論とシュタインマンの企業倫理論」
    (経営学史学会第11回大会 2003)
Education (2):
  • 2001 - 2005 Osaka City University
  • 1999 - 2001 Osaka City University
Professional career (2):
  • 博士(経営学) (大阪市立大学)
  • 修士(経営学) (大阪市立大学)
Work history (2):
  • 2007/04 - 現在 Wakayama University Faculty of Economics
  • 2005/04 - 2007/03 Wakayama University Faculty of Economics
Association Membership(s) (1):
経営学史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page