Rchr
J-GLOBAL ID:200901094028406595   Update date: Sep. 01, 2020

Nishikawa Atsushi

Nishikawa Atsushi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (3):
Homepage URL  (2): http://www.tuat.ac.jp/~seika/http://www.tuat.ac.jp/~seika/
Research field  (6): Medical biochemistry ,  Applied biochemistry ,  Cell biology ,  Functional biochemistry ,  Structural biochemistry ,  Molecular biology
Research keywords  (1): Glycobiology, Biochemistry, Intracellular Membrane Traffic
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2018 - 2020 ランビエ絞輪特異的糖鎖の時空間的発現の解析とその意義の解明
  • 2012 - 2013 ボツリヌス毒素複合体の糖結合能を活かした新規な細胞識別システムの開発
  • 2012 - 2013 細胞内へのタンパク質トランスポートシステムの試作
  • 2008 - 2009 ボツリヌス毒素の糖結合能を活かした新規な細胞識別システムの開発
  • 2007 - 2009 細菌毒素感染機構を利用したドラッグデリバリーシステムの試作
Show all
Papers (113):
MISC (150):
Books (10):
  • Experimental Glycoscience / Binding Properties of Clostridium botulinum Type C Progenitor Toxin
    Springer 2008
  • Comprehensive Glycoscience, Vol. IV,
    Elsevier 2007
  • 各種不随意運動の治療に用いられている最強の毒素;ボツリヌス毒素
    共立出版 2007
  • 未来を拓く糖鎖科学:ボツリヌス毒素の体内移行機構
    金芳堂 2005
  • ボツリヌス中毒と糖鎖
    メディカル ドゥ 2005
more...
Lectures and oral presentations  (55):
  • Study on the Glycan Formation in Mouse CNS Node of Ranvier
    (第37回日本糖質学会年会 2018)
  • Jaw1/LRMP has a role in maintaining the nuclear shape via interaction with SUN proteins.
    (Tokyo 2018 Cell and Development Biology Meeting 2018)
  • Aspergillus kawachii由来βーフルクトフラノシダーゼの改変による1ーケストース産生向上と改変酵素の構造解析
    (日本農芸化学会2018年度大会 2018)
  • Flavobacterium johnsoniae由来GH31デキストラナーゼFjDex31Aとグルコースの複合体の立体構造解析
    (日本応用糖質科学会平成29年度大会 2017)
  • 担子菌Coprinopsis cinerea由来CcGH131Bとキシロオリゴ糖との複合体の立体構造解析
    (日本応用糖質科学会平成29年度大会 2017)
more...
Works (5):
  • ボツリヌス毒素の糖結合能を活かした新規な細胞識別システムの開発
    2008 - 2009
  • 細菌毒素と糖鎖の相互作用解析
    2007 - 2007
  • 乳酸菌の多糖に関する研究
    2006 - 2007
  • 細菌毒素と糖鎖の相互作用解析
    2006 - 2007
  • 乳酸菌の多糖に関する研究
    2005 - 2006
Education (2):
  • - 1984 Osaka University 有機化学専攻
  • - 1981 Osaka University 化学科
Professional career (2):
  • 博士(医学) (大阪大学)
  • 理学修士 (大阪大学)
Committee career (8):
  • 2008/04 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2003 - 現在 日本糖質学会 評議員
  • 2011 - 日本応用糖質科学会 企画理事
  • 2007/07 - 2009/06 日本応用糖質科学会 評議員
  • 2003/04 - 2005/03 日本農芸化学会 関東支部 庶務幹事
Show all
Association Membership(s) (10):
日本応用糖質科学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本応用糖質科学会 ,  日本糖質学会 ,  日本応用糖質科学会 ,  日本応用糖質科学会 ,  日本生化学会 ,  日本応用糖質科学会 ,  日本癌学会 ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page