Rchr
J-GLOBAL ID:200901097545213119   Update date: Dec. 11, 2021

AZUMA Akifumi

アズマ アキフミ | AZUMA Akifumi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nifts/introduction/chart/0901/index.html
Research field  (2): Plant genetics and breeding ,  Horticulture
Research keywords  (10): 日持ち性 ,  ポストハーベスト ,  着色 ,  育種 ,  鳥獣害 ,  カキ ,  ブドウ ,  anthocyanin ,  Persimmon ,  Grape
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2020 - 2025 簡易迅速な「シャインマスカット」等のブドウ優良品種の識別キットの開発
  • 2018 - 2023 生食用ブドウのゲノム育種情報基盤の確立と先導的な育種素材の開発
  • 2018 - 2021 「国産果実の新たな需要を喚起する育種素材の創出および加工技術の開発」香りの優れたブドウ育種素材の開発
  • 2016 - 2021 「国産果実の供給期間拡大を目指した鮮度保持・栽培技術の開発」環境制御による収穫後ブドウの着色改善と長期貯蔵の一元化技術の開発
  • 2015 - 2019 ブドウ果皮アントシアニン高含有・果肉着色化の制御機構の解明
Show all
Papers (44):
more...
MISC (100):
  • 東暁史. 第2章 ブドウ品種、クローン、新品種、ブドウ樹生産(9~21ページ)、3章 圃場の選択(22~30ページ)、第13章 フィロキセラと台木(139~149ページ). ブドウ栽培 ワイン用ブドウ栽培の手引き (Viticulture : An introduction to commercial grape growing for wine production). 2021. 分担監訳
  • 吉村和正, 東暁史, 本多親子. 《こぼれ話30》リンゴやブドウの着色を促す「果実発色促進装置」が誕生. 生物系特定産業技術研究支援センター 成果事例こぼれ話. 2021
  • 吉村和正, 東暁史, 本多親子. 光照射による収穫後のブドウやリンゴ等の 果皮着色を促進する技術. アグリビジネス創出フェア2021. 2021
  • ストップ鳥獣害286 果実保護ネット 果房を一度に保護、着脱作業も簡単. 全国農業新聞. 2021. 7面
  • 吉村和正, 東暁史, 本多親子. 青色LEDを用いた果実の着色不良を改善する果実発色促進装置. 第14回川崎国際環境技術展. 2021
more...
Patents (8):
  • カキの完全甘ガキ性と非完全甘ガキ性とを識別する識別方法、カキの完全 甘ガキ性と非完全甘ガキ性との識別マーカー、及びカキの完全甘ガキ性と非完全甘ガキ性 とを識別するためのキット
  • Fruit colofing device
  • ブドウ「グロースクローネ」
  • グロースクローネ
  • 果房や果実の保護方法、果房や果実の保護ネット
more...
Lectures and oral presentations  (107):
  • Marker-assisted selection of pollination-constant non-astringent offspring by crude sample PCR
    (VII International Symposium on Persimmon 2021)
  • Validation of persimmon breeding strategy at the Institute of Fruit Tree and Tea Science, NARO, Japan
    (VII International Symposium on Persimmon 2021)
  • RAD-seqを用いて推定した近交度によるカキ収量関連形質における近交弱勢の検出
    (園芸学研究20(別2),94 2021)
  • ブドウの収穫後着色改善と長期貯蔵の取り組み
    (園芸学研究20(別2),76-77 2021)
  • ブドウ果皮色の簡易DNAマーカーシステムの開発と着色遺伝子座の多様性解析
    (園芸学研究20(別2),111 2021)
more...
Education (3):
  • 2002 - 2004 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
  • 1998 - 2002 Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
  • 1995 - 1998 香川県立高松高等学校
Professional career (1):
  • Doctor (University of Tsukuba)
Work history (5):
  • 2021/04 - 現在 農研機構 果樹茶業研究部門 果樹品種育成研究領域 落葉果樹品種育成グループ(安芸津ブドウ・カキ研究拠点) 上級研究員
  • 2020/10 - 2021/03 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 上級研究員
  • 2016/04 - 2020/09 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 主任研究員
  • 2013/04 - 2016/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2004/04 - 2013/03 National Agriculture and Food Research Organization
Awards (3):
  • 2016/03 - 園芸学会 園芸学会奨励賞 ブドウ着色機構の分子遺伝学的解明とDNAマーカーの開発
  • 2010/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞(園芸学研究) ジベレリンとブドウ花冠取りの同時処理による花冠取りの省力効果
  • 2009/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞 (Journal of the Japanese Society for Horticultural Science) An anthocyanin regulator from grapes, VlmybA1-2, produces reddish-purple plants.
Association Membership(s) (1):
園芸学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page