Rchr
J-GLOBAL ID:201201097420450769   Update date: Oct. 25, 2021

Kamijo Nobuhiko

カミジヨウ ノブヒコ | Kamijo Nobuhiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90534040.ja.html
Research field  (3): Museology ,  Cultural properties ,  Archaeology
Research keywords  (15): Archaeology ,  稲作 ,  アスファルト ,  中国 ,  炭化米 ,  漆 ,  石器 ,  低湿地遺跡 ,  亀ヶ岡文化 ,  残存デンプン ,  縄文 ,  農耕 ,  石器使用痕 ,  民具 ,  民族資料
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2019 - 2024 Holistic research on the spread and acculturation of early agriculture and the processes behind the establishment of herding societies in East Asia
  • 2019 - 2024 Interdisciplinary study for construction of the method examining the rice cultivation history using genetic information remained inside of phytolith
  • 2019 - 2023 稲作北限域における農耕化プロセスの研究
  • 2019 - 2022 遺跡出土アスファルトの高精度原産地推定法の開発と先史流通システムの解明
  • 2015 - 2020 Historical change of the edible plant utilization with the progress of rice domestication in China
Show all
Papers (69):
  • 上條信彦. 木製杵臼の残存デンプン粒分析-民族資料と考古資料-. 持続する志-岩永省三先生退職記念論文集 下. 2021
  • 上條信彦. 磨石・石皿類の磨耗痕-民族資料との比較から-. 石器痕跡研究の理論と実践. 2020
  • 上條信彦, 小林和貴, 片岡太郎, 吉川純子, 鈴木三男. 古代における布生産 内田原・俎原遺跡における新知見を通じて. 長野県考古学会誌. 2020. 160
  • Katsunori Tanaka, Chunfang Zhao, Ningyuan Wang, Shinji Kubota, Masaaki Kanehara, Nobuhiko Kamijo, Ryuji Ishikawa, Hiroyuki Tasaki, Minako Kanehara, Bin Liu, et al. Classification of archaic rice grains excavated at the Mojiaoshan site within the Liangzhu site complex reveals an Indica and Japonica chloroplast complex. Food Production, Processing and Nutrition. 2020. 2. 1
  • 上條信彦, 田中克典, 小泉翔太, 鐵 英記, 池田征弘. 水稲農耕定着段階における兵庫県域出土米の粒形質と品種. 兵庫県立考古博物館研究紀要. 2020. 13
more...
MISC (39):
  • Scientific analysis of archaeological textiles and fibers. 2021. 753. 20-24
  • 相原 淳一, 上條 信彦, 片岡 太郎, 佐々木 理. 宮城県大崎市根岸遺跡6a層出土遺物の調査. 東北歴史博物館研究紀要. 2021. 22. 2,29-36
  • 上條信彦. 縄文時代研究の動向. 日本考古学年報. 2020. 71
  • 宇田津徹朗, 田中克典, 田崎博之, 上條信彦. The interdisciplinary study for the construction of rice cultivation history research method using genetic information remained inside rice phytolith (I). 日本文化財科学会大会研究発表要旨集. 2020. 37th
  • 田中克典, 宇田津徹朗, 田崎博之, 上條信彦, 石川隆二. Rice genotype based on DNA sequences from archaic-rice-phytolith. 日本文化財科学会大会研究発表要旨集. 2020. 37th
more...
Books (30):
  • 国史跡山王囲遺跡の研究II 石器・石製品・土製品・骨角器編
    弘前大学北日本考古学研究センター 2021
  • 白神学入門
    弘前大学出版会 2021 ISBN:9784907192921
  • 西日本出土米の粒形質・DNA分析
    弘前大学人文社会科学部北日本考古学研究センター 2020 ISBN:9784907995096
  • 国史跡山王囲遺跡の研究I 漆器編
    弘前大学人文社会科学部北日本考古学センター 2020 ISBN:9784907995102
  • 弘前大学レクチャーコレクション : 学びの世界へようこそ
    弘前大学出版会 2020 ISBN:9784907192860
more...
Lectures and oral presentations  (100):
  • 東北の弥生土器はどこで作られたか? 類遠賀川系土器の胎土分析
    (日本文化財科学会第38回大会 2021)
  • 北限の稲作地帯の土器とその残存脂質分析
    (日本考古学協会第87回総会 2021)
  • 縄文時代晩期内陸部における動物資源利用
    (日本考古学協会第87回総会 2021)
  • Identification of the sources of bitumen using sulfur isotope ratio in Japan
    (2020)
  • The interdisciplinary study for the construction of rice cultivation history research method using genetic information remained inside rice phytolith (I)
    (2020)
more...
Education (3):
  • 2007 - 2008 中華人民共和国 山東大学
  • 2004 - 2008 九州大学大学院
  • 2002 - 2004 名古屋大学大学院
Professional career (1):
  • 文学 (九州大学)
Work history (4):
  • 2021/01 - 現在 Hirosaki University
  • 2015/04 - 2020/12 Hirosaki University
  • 2011/12 - 2015/03 Hirosaki University Faculty of Humanities
  • 2008/10 - 2011/12 Hirosaki University Faculty of Humanities
Committee career (5):
  • 2018/05 - 現在 青森県考古学会 運営委員会
  • 2017 - 現在 考古学研究会 全国委員
  • 2016/04 - 現在 日本文化財科学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本考古学協会 埋蔵文化財保護対策委員
  • 2009/12 - 現在 日本中国考古学会 幹事
Awards (8):
  • 2021/10 - 日本文化財科学会 日本文化財科学会第38回大会ポスター賞 東北の弥生土器はどこで作られたか;類遠賀川系土器の胎土分析
  • 2019/10 - 茅野市 第20回宮坂英弌記念尖石縄文文化賞
  • 2017/06 - Best Paper Award
  • 2017/05 - The Japanese Archaeological Association Incentive Award in Japanese Archaeology
  • 2015/11 - 日本植生史学会 第30回大会 優秀発表賞
Show all
Association Membership(s) (12):
縄文時代文化研究会 ,  物質文化研究会 ,  JAPAN SOCIETY FOR SCIENTIFIC STUDIES ON CULTURAL PROPERTIES ,  JAPANESE ASSOCIATION OF HISTORICAL BOTANY ,  青森県考古学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR CHINESE ARCHAEOLOGY ,  THE JAPANESE ARCHAEOLOGICAL ASSOCIATION ,  SOCIETY OF ARCHAEOLOGICAL STUDIES ,  九州考古学会 ,  信濃史学会 ,  古代学協会 ,  長野県考古学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page