Rchr
J-GLOBAL ID:201301088750201747   Update date: Nov. 14, 2020

Kuboyama Kazuya

クボヤマ カズヤ | Kuboyama Kazuya
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://k-sawamoto.com
Research field  (2): Pharmacology ,  Neuroscience - general
Research keywords  (16): 蛋白質チロシン脱リン酸化酵素 ,  蛋白質チロシンリン酸化酵素 ,  糖鎖生物学 ,  タンパク質チロシンリン酸化シグナル ,  チロシンホスファターゼ ,  OL1細胞 ,  コンドロイチン硫酸糖鎖 ,  Rho ,  神経化学・神経薬理学 ,  神経科学 ,  脱髄疾患 ,  チロシンリン酸化 ,  プロテインチロシンホスファターゼ ,  グリア細胞 ,  脳・神経 ,  オリゴデンドロサイト
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2017 - 2019 糖鎖によるオリゴデンドロサイトの分化制御機構
  • 2019 - 記憶形成とその破綻機構の解析
  • 2014 - 2015 受容体型蛋白質チロシン脱リン酸化酵素によるオリゴデンドロサイト分化制御機構の解明
  • 2015 - オリゴデンドロサイトの分化・成熟、再ミエリン化に関わる分子機構
  • 2012 - 2013 チロシンリン酸化シグナルを介したオリゴデンドロサイトの分化メカニズムの解明
Papers (22):
more...
MISC (1):
  • M. Matsumoto, T. Y. Hiyama, K. Kuboyama, R. Suzuki, A. Fujikawa, M. Noda. Channel Properties of Na-x Expressed in Neurons (vol 10, e0126109, 2015). PLOS ONE. 2015. 10. 6
Patents (1):
Lectures and oral presentations  (28):
  • Phencyclidine-induced impairment of spine molecular plasticity shown in the AiCE-Tg mice
    (SfN Global Connectome 2021)
  • 精神神経作用を持つ薬物投与でのマウスの脳の可塑的変化の解析
    (第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 2020)
  • NMDA receptor-dependent molecular plasticity in dendritic spines of the cerebral cortex after somatosensory stimulation
    (2020)
  • AiCEマウスを用いた片側感覚刺激後における左右半球比較による樹状突起スパインの可塑的変化の観察
    (第136回日本薬理学会近畿部会 2019)
  • AiCEマウスで可視化した感覚刺激入力後大脳皮質におけるスパイン可塑的変化
    (第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 2019)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2011 Kyushu University
  • 2006 - 2008 Kyushu University
  • 2002 - 2006 Fukuyama University Department of Pharmacy
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (九州大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Nagoya City University Developmental & Regenerative Neurobiology, Institute of Brain Science, Graduate School of Medical Sciences
  • 2017/06 - 2020/03 Tokushima Bunri University Kagawa School of Pharmaceutical Sciences
  • 2014/04 - 2017/05 National Institute for Basic Biology
  • 2011/05 - 2014/03 National Institute for Basic Biology
Awards (3):
  • 2016 - 自然科学研究機構 若手研究者賞
  • 2016 - 愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業(わかしゃち奨励賞)最優秀賞
  • 2012 - 日本プロテインホスファターゼ研究会 奨励賞
Association Membership(s) (2):
THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page