Rchr
J-GLOBAL ID:201601008358038527   Update date: Oct. 21, 2020

Hidaka Kota

ヒダカ コウタ | Hidaka Kota
Affiliation and department:
Job title: Senior Researcher
Research field  (3): Agricultural environmental and information engineering ,  Agricultural environmental and information engineering ,  Horticulture
Research keywords  (4): 環境制御 ,  施設園芸 ,  栽培生理 ,  イチゴ
Papers (44):
more...
MISC (1):
  • Mohammad Affan, Fajar Falah, Takahiro Wajima, Daisuke Yasutake, Yuki Sago, Kota Hidaka, Masaharu Kitano. Responses of root uptake to high temperature of tomato plants (Lycopersicon esculentum Mill.) in soil-less culture. Journal of Agricultural Technology. 2010. 6. 3. 543-558
Books (2):
  • 表面・界面技術ハンドブック-材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用
    エヌ・ティー・エス 2016 ISBN:4864690758
  • Strawberries: Cultivation, Antioxidant Properties and Health Benefits (Nutrition and Diet Research Progress)
    Nova Science Publishers, Inc. 2014 ISBN:1633215245
Lectures and oral presentations  (28):
  • P4-1-6 ポジトロンイメージング技術を用いたイチゴ果実への光合成産物転流動態の評価(ポスター,4-1 植物の多量栄養素,2017年度仙台大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2017)
  • 低コスト・省力化,軽労化技術等の開発-施設園芸における高度環境制御技術の開発-第3編 果菜類養液栽培の品目拡大と高収量・高付加価値のための生育制御技術の開発 第1章 イチゴの夏秋どり品種の育成と高設栽培における高品質安定生産技術の構築 1 イチゴの夏秋どり品種の育成と高設栽培における高品質安定生産技術の構築
    (農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果 2016)
  • P4-1-14 イチゴ果実への光合成産物の転流を可視化するポジトロンイメージング技術の開発(ポスター,4-1 植物の多量栄養素,2016年度佐賀大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2016)
  • イチゴ促成栽培における地下水を利用したクラウン温度制御技術の現地実証
    (園芸学研究 別冊 2015)
  • 一季成り性イチゴ品種における果実の生育ステージが同化産物の転流に及ぼす影響
    (園芸学研究 別冊 2015)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学) (九州大学)
Work history (1):
  • 2009/04 - 現在 Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, National Agriculture and Food Research Organization (NARO)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page