Rchr
J-GLOBAL ID:201801017632185586   Update date: Aug. 27, 2021

Masaya Yamamoto

ヤマモト マサヤ | Masaya Yamamoto
Affiliation and department:
Research field  (3): Biomedical engineering ,  Human interfaces and interactions ,  Sensitivity (kansei) informatics
Research keywords  (3): 生体情報工学 ,  human factors ,  人間工学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2022 術者の視線データを指標とした手術トレーニング方法と視線計測装置の開発
  • 2019 - 2020 眼球運動を指標とした認知機能評価手法の開発
  • 2017 - 2019 眼球運動を指標としたドライバ状態検知技能の実用化
Papers (6):
MISC (10):
  • 田川 和義, 大野 高椰, 山本 雅也, 小森 優, 来見 良誠, 田中 弘美. 腹腔鏡下胆嚢摘出術の注視行動におけるコツの解析とそれに基づく教示. 日本コンピュータ外科学会誌. 2020. 22. 4. 277-277
  • 泉 孝嗣, 大塚 崇史, 西堀 正洋, 塚田 哲也, 山本 雅也, 池澤 瑞香, 後藤 峻作, クロップ 明日香, 加藤 直毅, 中野 瑞生. 脳血管内治療手技トレーニングへの応用を目指した術中視線動態の解析. 脳血管内治療. 2020. 5. Suppl. 71-71
  • 山本 雅也, 高野 太希, 淺井 博誉, 大塚 崇史, 泉 孝嗣, 小濱 剛. 脳血管内治療手技トレーニング中の視線データ解析. 日本コンピュータ外科学会誌. 2020. 22. 4. 275-276
  • A Visual and Haptic Active Guidance Approach for Minimally Invasive Surgery Training. 2020. 2020. 33. 57-60
  • A trial of visual cognitive function evaluation by simulated road crossing task. 2019. 43. 37. 37-39
more...
Patents (15):
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • Analysis of eye-movement for application to the training of cerebral endovascular treatment 2
    (2021)
  • Gaze behavior of the operator in endovascular neurosurgery.
    (The 30th Conference on Neurosurgical Techniques and Tools 2021)
  • 交通事故抑止を目的とした,交通安全対策に関する研究
    (自動車技術会 エレクトロニクス部門委員会 2020)
  • 手術トレーニング手法開発を目的とした腹腔鏡手術中の視線データ解析
    (第15回 空間認知と運動制御研究会 学術集会(誌上開催) 2020)
  • 知の拠点あいち重点研究プロジェクトで開発したドライバモニタ
    (知の拠点あいち重点研究プロジェクト 2018年度公開シンポジウム 2019)
more...
Education (1):
  • 2005 - 2008 Chubu University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (中部大学大学院)
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 Aichi University of Technology Faculty of Engineering
  • 2016/07 - 現在 Chubu University College of Engineering
  • 2018/04 - 2021/03 Aichi University of Technology Faculty of Engineering
  • 2008/04 - 2018/03 株式会社東海理化電機製作所
  • 2006/08 - 2008/03 資格の専門学校TAC株式会社 非常勤講師
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page