Rchr
J-GLOBAL ID:202001006876211240   Update date: Oct. 13, 2021

Ikeuchi Katsuma

イケウチ カツマ | Ikeuchi Katsuma
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (5): Rehabilitation science ,  Rehabilitation science ,  Rehabilitation science ,  Rehabilitation science ,  Rehabilitation science
Research keywords  (5): がん ,  脳血管障害 ,  急性期 ,  身体障害 ,  作業療法
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 Development of Quality of Assessment of Activity (A-QOA) for people with dementia: verification of reliability, validity and implementability
  • 2020 - 2021 重度の急性期脳血管障害者に対する作業基盤の実践の実践内容と条件・状況
  • 2017 - 2020 Development of a family care training program for enhancing abilities of daily activities and dignity for person with dementia
Papers (8):
  • 池内克馬, 西田征治, 山口朗夫, 落合秀俊. 新人作業療法士の教育マニュアル作成の取り組みー大学教員と病院作業療法士の連携の成果. 作業療法ジャーナル. 2022
  • Community-based occupational therapy programs to improve quality of life for cancer survivors: A systematic review. 2021. 40. 4. 431-438
  • 池内克馬, 大森信彦. 地域包括ケア病棟患者が合併するうつに対するリハビリテーションの必要性:うつスケールの前後比較とアンケートによる調査研究. 作業療法おかやま. 2020. 29. 36-43
  • Ikeuchi K, NISHIDA S. Occupation based occupational therapy process for patients with acute cerebrovascular disease. Japanese journal of Occupational therapy. 2020. 54. 2. 189-196
  • An effective occupation-centered practice for a client with acute cerebral hemorrhage and cervical spondylotic amyotrophy. 2018. 37. 4. 448-454
more...
MISC (1):
  • 池内克馬, 西田征治. がん生存者に対する地域基盤の作業療法プログラムに関するシステマティックレビュー. 広島県作業療法士会 学術活動記録集. 2021. 11. 19-19
Lectures and oral presentations  (27):
  • 重度の急性期脳血管障害者に対する作業基盤の実践の実践内容と条件・状況
    (第55回日本作業療法学会(Web開催) 2021)
  • 認知症のある人の日常活動と尊厳を高める家族教室の効果(第1報)
    (第55回日本作業療法学会(Web開催) 2021)
  • 冷蔵庫在庫管理セットの活用が高齢者の認知機能と生活機能に及ぼす影響の探索
    (第10回日本認知症予防学会 2021)
  • 認知症のある人の日常活動の参加と尊厳を高める家族教室の試行
    (第22回日本認知症ケア学会 2021)
  • 脳卒中と認知症予防のためにできること
    (北方老人クラブ希望会 認知症予防学習会 2021)
more...
Education (2):
  • 2016 - 2018 Prefectural University of Hiroshima Graduate School Program of Health and Welfare
  • 2009 - 2013 Prefectural University of Hiroshima Department of Occupational Therapy
Professional career (1):
  • 修士(保健福祉学) (県立広島大学大学院 総合学術研究科)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Prefectural University of Hiroshima Faculty of Health and Welfare, Department of Occupational Therapy
  • 2019/02 - 2020/03 国立病院機構 岡山医療センター
  • 2018/02 - 2019/01 国立病院機構 岡山市立金川病院
  • 2016/04 - 2018/01 国立病院機構 岡山医療センター
  • 2013/05 - 2016/03 国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター
Show all
Committee career (3):
  • 2020/06 - 現在 一般社団法人 広島県作業療法士会 臨床実習指導者講習担当 部局員
  • 2020/06 - 現在 一般社団法人 広島県作業療法士会 教育部東部地区担当 部局員
  • 2021/10 - 日本作業科学研究会 第24回学術大会 実行委員
Association Membership(s) (8):
広島県作業療法士会 ,  作業遂行研究会 ,  日本作業科学研究会 ,  American Occupational Therapy Association ,  World Federation of Occupational Therapists ,  日本作業療法士協会 ,  岡山県作業療法士会 ,  香川県作業療法士会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page