研究者
J-GLOBAL ID:200901027336166148   更新日: 2020年07月02日

古川 行夫

フルカワ ユキオ | Furukawa Yukio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.waseda.ac.jp/furukawa/
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (1件): 赤外分光,ラマン分光,有機無機ハイブリッドペロブスカイト,有機半導体,太陽電池,熱電材料,二酸化炭素の回収と有効利用
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 2015 重水素置換p型有機半導体を用いた有機薄膜太陽電池の高効率化
  • 2012 - 2013 熱刺激赤外分光法の開発と有機半導体薄膜におけるキャリアトラップの分子構造解析
  • 2005 - 2009 高周期典型元素不飽和化合物の化学:新規物性・機能の探索
  • 2006 - 2008 振動シュタルク効果の新しい測定法と解析法の開発
  • 2004 - 2006 顕微ラマン分光法を用いた有機薄膜多層構造における電気化学現象の解明と物性制御
全件表示
論文 (64件):
  • I. Enokida, Y. Furukawa. Effect of Anions on Bipolaron Formation in Ionic-Liquid-Gated Transistors Fabricated with Poly(2,5-bis(3-hexadecylthiophen-2-yl)thieno[3,2-b]thiophene) (PBTTT-C16). Chem. Lett. 2019. 48. 190039
  • K. Nakada, Y. Matsumoto, Y. Shimoi, K. Yamada, Y. Furukawa. Temperature-Dependent Evolution of Raman Spectra of Methylammouium Lead Halide Perovskites, CH3NH3PbX3 (X = I, Br). Molecules. 2019. 24. 3. 626
  • T. Takaya, I. Enokida, Y. Furukawa, K. Iwata. Direct Observation of Structure and Dynamics of Photogenerated Charge Carriers in Poly(3-hexylthiophene) Films by Femtosecond Time-Resolved Near-IR Inverse Raman Spectroscopy. Molecules. 2019. 24. 3. 431
  • I. Enokida, Y. Furukawa. Doping-Level Dependent Mobilities of Positive Polarons and Bipolarons in Poly(2,5-bis(3-hexadecylthiophen-2-yl)thieno[3,2-b]thiophene) (PBTTT-C16) Based on an Ionic-Liquid-Gated Transistor Configuration. Org. Electronics. 2019. 68. 28-34
  • A. Bahtiar, M. Putri, E. S. Nurazizah, Risdiana, Y. Furukawa. Environmentally stable perovskite film for active material of high stability solid state solar cells. Journal of Physics: Conference Series. 2018. 1013
もっと見る
MISC (8件):
  • Ayi Bahtiar, Euis Siti Nurazizah, Efa Latiffah, R. Risdiana, Yukio Furukawa. Structural properties of perovskite films on zinc oxide nanoparticles-reduced graphene oxide (ZnO-NPs/rGO) prepared by electrophoretic deposition technique. AIP Conference Proceedings. 2018. 1927
  • Ayi Bahtiar, Siti Halimah, Tusaddiah, Wendy Paramandhita S Mustikasari, Lusi Safriani, Mariah Kartawidjaja, Kei Kanazawa, Ippei Enokida, Yukio Furukawa, Isao Watanabe. Optical, structural and morphological properties of ternary thin film blend of P3HT:PCBM:ZnO nanoparticles. Materials Science Forum. 2015. 827. 119-124
  • Toshihiro Yoshioka, Kazunori Sugimoto, Kyoko Katagi, Yoshiyuki Kitago, Masaru Tajima, Satoshi Miyaguchi, Tetsuo Tsutsui, Ryota Iwasaki, Yukio Furukawa. An improved method for lifetime prediction based on decoupling of the joule self-heating effect from coulombic degradation in accelerated aging tests of OLEDs. Digest of Technical Papers - SID International Symposium. 2014. 45. 642-645
  • 津留崎陽大, 長洞記嘉, 笹森貴裕, 松田一成, 金光義彦, 渡辺恭彰, 細井宜伸, 古川行夫, 時任宣博, 京大化研, 京大生存基盤, 早大理工. 初めての安定なアントリルジホスフェン類の合成・構造・性質. 第37回構造有機化学討論会 ,札幌市. 2007
  • 杉山佑介, 笹森貴裕, 時任宣博, 古川行夫. 速度論的に安定化されたジゲルミンの酸化還元挙動. 日本化学会第86回春季年会 ,船橋市. 2006
もっと見る
書籍 (17件):
  • 赤外分光法
    講談社 2018
  • ラマン分光法
    講談社 2015
  • 物性化学
    講談社 2015
  • 赤外・ラマン分光法
    講談社 2009
  • ラマン分光,第5版実験化学講座3基礎編III物理化学下
    日本化学会編/丸善 2003
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1988 - 現在 東京大学大学院 理学博士取得
  • 1981 - 1982 東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻博士課程
  • 1979 - 1981 東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻修士課程
  • 1977 - 1979 東京大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2007/03 - 現在 早稲田大学理工学術院教授に配置換
  • 1997/09 - 2007/03 早稲田大学理工学部教授
  • 1992/08 - 1997/08 東京大学理学部助教授
  • 1990/11 - 1992/07 東京大学理学部講師
  • 1988/01 - 1990/10 東京大学理学部助手
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2018/05 - 現在 日本分光学会 理事・会長
  • 2014/05 - 2019/05 IAESTE 理事
  • 2016/05 - 2018/04 日本分光学会 理事・副会長
  • 2007/12 - 2011/11 日本分光学会 理事・副会長
  • 1993/04 - 1994/03 日本化学会 関東支部幹事
全件表示
受賞 (7件):
  • 2016/11 - 日本化学会 BCSJ賞
  • 2016/05 - 日本分光学会 日本分光学会賞 赤外・ラマン分光法を用いた高分子半導体・導体に関する研究
  • 2013/10 - 日本化学会 BCSJ賞
  • 2010/05 - 日本化学会 BCSJ賞
  • 2009/07 - 日本化学会 BCSJ賞
全件表示
所属学会 (6件):
応用分光学会 ,  アメリカ化学会 ,  高分子学会 ,  日本分光学会 ,  応用物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る