研究者
J-GLOBAL ID:200901034881975785   更新日: 2020年08月30日

清水 憲一

シミズ ケンイチ | Shimizu Kenichi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.mech.okayama-u.ac.jp/~mech-web/lab/str_mat/index.htmhttp://www.mech.okayama-u.ac.jp/~mech-web/lab/str_mat/index.htm
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (2件): 材料強度学 ,  Strength and Fracture of Materials
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1997 - 2007 膜材の疲労に関する研究
  • 1997 - 2007 Study on Fatigue of Film Materials
  • 1997 - 2004 異種接合材の界面き裂に関する研究
  • 1997 - 2004 Study on Interfacial Crack in Dissimillar Materials
MISC (71件):
講演・口頭発表等 (125件):
  • 結晶方位差に基づく銅膜材の切欠き底疲労損傷評価とき裂発生
    (日本材料学会第31回疲労シンポジウム 2012)
  • 樹脂接着銅膜の疲労に伴う電気抵抗変化とき裂発生挙動の相関
    (日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会 2011)
  • 拡散接合界面部の微小変位分布計測とその疲労き裂伝ぱとの相関
    (日本機械学会中国四国支部第49期総会・講演会 2011)
  • 混合モード条件下の疲労き裂におけるき裂開口とすべり変形挙動(薄膜材における破面接触挙動に注目して)
    (日本材料学会第30回疲労シンポジウム 2010)
  • 銅膜材の疲労特性に及ぼす結晶粒径の影響
    (日本機械学会中国四国支部・九州支部合同企画 徳島講演会 2010)
もっと見る
Works (3件):
  • EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
    2010 - 2013
  • EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
    2010 - 2013
  • EBSD(電子線後方散乱回折)法を用いた超微小領域ひずみ計測手法の開発
    2010 - 2013
学歴 (4件):
  • - 1995 名古屋大学 機械工学
  • - 1995 名古屋大学
  • - 1993 名古屋大学 機械
  • - 1993 名古屋大学
学位 (2件):
  • 修士(工学) (名古屋大学)
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2004 - - 岡山大学自然科学研究科 助教
  • 2004 - - Assistant Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University
受賞 (4件):
  • 2008 - 日本材料学会中国支部学術奨励賞
  • 2004 - 日本材料学会学術奨励賞
  • 2002 - 日本材料学会第26回疲労シンポジウム優秀研究発表賞
  • 1998 - 日本材料学会第24回疲労シンポジウム優秀研究発表賞
所属学会 (3件):
日本工学教育協会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る