研究者
J-GLOBAL ID:200901051418879906   更新日: 2020年08月31日

八十島 安伸

ヤソシマ ヤスノブ | Yasoshima Yasunobu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kosei4.hus.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (7件): 生理学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  実験心理学 ,  家政学、生活科学 ,  栄養学、健康科学 ,  生理学 ,  神経科学一般
研究キーワード (6件): 動機づけ ,  味覚・食報酬 ,  食嗜好 ,  行動科学 ,  食行動 ,  学習記憶
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2008 - 2012 食行動の脳制御機構
  • 2000 - 2011 学習・記憶の脳機構の解明
  • 2000 - 2010 Brain mechanism of motor control
  • 2000 - 2010 Brain mechanism of taste memory formation through multidispilinary approach
  • 2000 - 2006 随意運動制御に対する脳機能の解析
論文 (33件):
  • 八十島 安伸. 食べ過ぎの心理と脳のメカニズム. 日本咀嚼学会雑誌. 2019. 29. 2. 52-57
  • Inui T, Sugishita T, Inui-Yamamoto C, Yasoshima Y, Shimura T. The basolateral nucleus of the amygdala executes the parallel processes of avoidance and palatability in the retrieval of conditioned taste aversion in male rats. eNeuro. 2019
  • Shinohara K, Yasoshima Y. Inactivation of the basolateral amygdala suppresses the expression of taste neophobia but not the retrieval process in attenuation of neophobia. Behav Brain Res. 2019
  • 八十島安伸. 食べ過ぎと身体・脳・心の対話の不調. 2018
  • 篠原恵介, 泉屋佳奈, 八十島安伸. ラットの風味-栄養条件づけにおける「デザート」効果. 日本心理学会第82回大会論文集. 2018
もっと見る
MISC (17件):
書籍 (3件):
  • Neural Plasticity and Memory: From Genes to Brain Imaging (Federico Bermudez-Rattoni, ed.). Frontiers in Neuroscience Series
    CRC press 2007 ISBN:0849390702
  • Neural Plasticity and Memory: From Genes to Brain Imaging (Federico Bermudez-Rattoni, ed.). Frontiers in Neuroscience Series
    CRC press 2007 ISBN:0849390702
  • Noradrenergic control of long-term memory consolidation.
    Kluwer Academic/Plenum Publishers 2002 ISBN:9781475735383
講演・口頭発表等 (55件):
  • 食べ過ぎと身体・脳・心の対話の不調
    (日本咀嚼学会第29回学術大会 2018)
  • ラットの風味-栄養条件づけにおける「デザート」効果
    (日本心理学会第82回大会 2018)
  • 味覚嗜好性制御とショ糖過剰摂取への消化管ホルモンの作用
    (第36回内分泌代謝学サマーセミナー 2018)
  • Effects of corticotrophin releasing factor signals in the bed nucleus of the stria terminalis on the expression of conditioned taste aversion in rats
    (第95回日本生理学会大会 2018)
  • Approach and avoidance to the unknown: How can rodent brain detect novelty?
    (The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2003 大阪大学
  • 1993 - 1995 大阪大学 行動学専攻
  • - 1995 大阪大学
  • - 1995 大阪大学
  • - 1993 大阪大学 物理学専攻生物工学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
委員歴 (2件):
  • 2007 - 日本味と匂学会 評議員
  • 日本味と匂学会 編集委員
受賞 (2件):
  • 2004 - 日本味と匂学会 高砂研究奨励賞
  • 1995 - 日本味と匂学会 キリン研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本味と匂学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  The Society for the Study of Ingestive Behavior (SSIB)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る