研究者
J-GLOBAL ID:200901068505877391   更新日: 2018年11月09日

森 浩禎

モリ ヒロタダ | MORI Hirotada
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://ecoli.naist.jp/Lab/index.html
研究分野 (2件): 基礎ゲノム科学 ,  分子生物学
研究キーワード (3件): システム微生物 ,  オミックス研究 ,  遺伝的相互作用
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2016 - 2019 細胞の生存 - 自然界における大腸菌の場合
  • 2013 - 2016 長期定常期から分裂再開までの細胞の生存戦略
  • 2013 - 2015 バクテリア細胞における環境状態感知システムによる細胞内ネットワーク解析
  • 2013 - 2015 大腸菌バーコード欠失株による化合物-遺伝子相互作用Multiplex解析
  • 2012 - 2015 mRNAと新生ペプチドの局所構造による翻訳効率変化のゲノムワイド解析
全件表示
論文 (106件):
  • Almagro G, Viale AM, Montero M, Muñoz FJ, Baroja-Fernández E, Mori H, Pozueta-Romero J. A cAMP/CRP-controlled mechanism for the incorporation of extracellular ADP-glucose in Escherichia coli involving NupC and NupG nucleoside transporters. Scientific reports. 2018. 8. 1. 15509
  • Maier L, Pruteanu M, Kuhn M, Zeller G, Telzerow A, Anderson EE, Brochado AR, Fernandez KC, Dose H, Mori H, Patil KR, Bork P, Typas A. Extensive impact of non-antibiotic drugs on human gut bacteria. Nature. 2018. 555. 7698. 623-628
  • Murata M, Ishii A, Fujimoto H, Nishimura K, Kosaka T, Mori H, Yamada M. Update of thermotolerant genes essential for survival at a critical high temperature in Escherichia coli. PloS one. 2018. 13. 2. e0189487
  • Monk JM, Lloyd CJ, Brunk E, Mih N, Sastry A, King Z, Takeuchi R, Nomura W, Zhang Z, Mori H, Feist AM, Palsson BO. iML1515, a knowledgebase that computes Escherichia coli traits. Nature biotechnology. 2017. 35. 10. 904-908
  • Wyche TP, Alvarenga RFR, Piotrowski JS, Duster MN, Warrack SR, Cornilescu G, De Wolfe TJ, Hou Y, Braun DR, Ellis GA, Simpkins SW, Nelson J, Myers CL, Steele J, Mori H, Safdar N, Markley JL, Rajski SR, Bugni TS. Chemical Genomics, Structure Elucidation, and in Vivo Studies of the Marine-Derived Anticlostridial Ecteinamycin. ACS chemical biology. 2017. 12. 9. 2287-2295
もっと見る
MISC (31件):
  • バクテリアにおける熱ショック応答. 微生物学総説. 1993. 47,321
  • mRNA2次構造によるσ32の熱誘導. 1993. 21. 23. 5449
  • 大腸菌におけるFtsHの解析:膜機能、cell cicle調節機能、遺伝子発現に関与するATPaseの活性をもつprotein family. 1993. 175. 1344
  • GroELタンパクの細胞内濃度の減少の細胞内タンパクメタボリズムへの影響. 1993. 176. 4235
  • 細胞内異常タンパクの蓄積はs32の安定化は起こすが合成誘導は引き起こさない. 1993. 176. 5648
もっと見る
書籍 (1件):
  • ストレス蛋白質の発現調節 1.原核生物
    ストレス蛋白質-基礎と臨床 1993
学歴 (1件):
  • - 1985 京都大学 理学研究科 生物物理学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 2000 - バイオインフォマティクス学会 評議員
所属学会 (6件):
日本ゲノム微生物学会 ,  分子生物学会 ,  生物物理学会 ,  アメリカ微生物学会 ,  バイオインフォマティクス学会 ,  日本進化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る