研究者
J-GLOBAL ID:200901073112870143   更新日: 2020年06月07日

笠原 康裕

カサハラ ヤスヒロ | Kasahara Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/
研究分野 (5件): 生態学、環境学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学
研究キーワード (6件): 微生物多様性 ,  群集構造解析 ,  メタオミクス ,  プロテオミクス ,  ゲノム微生物学 ,  微生物生態学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2014 - 2018 熱撹乱による森林土壌微生物生態系の維持機構の包括的解析
  • 2013 - 2015 土壌プロテオミクスによる自然環境下の細菌個生態学的研究
  • 2008 - 2012 北方森林土壌において温暖化が及ぼす微生物と原生生物の群集構造変化と連鎖関係
  • 2008 - 2009 寒冷圏生態系機能モニタリングシステムの構築
  • 2008 - 2009 環境プロテオミクスに基づく汚染土壌修復法の開発
全件表示
論文 (16件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 繊毛虫検出用プライマー及びそれを用いる繊毛虫の検出方法
書籍 (5件):
  • 環境変動による土壌微生物生態系の影響
    丸善出版 2015
  • 微生物ってなに?
    日科技連 2006
  • 微生物生態学入門
    日科技連 2004
  • PCR Tips
    秀潤社 2000
  • 基礎生化学実験法、第4巻核酸・遺伝子実験
    東京化学同人 2000
講演・口頭発表等 (32件):
  • 肉の腐敗にどう抗うか?-微生物への対抗ともう1つの戦略-
    (第66回日本生態学会大会 2019)
  • ソルガム根の窒素固定活性とその原因窒素固定細菌のOmic解析による同定
    (第27回植物微生物研究会 2017)
  • メタゲノム解析に基づくソルガム根の窒素固定細菌の分離
    (第27回植物微生物研究会 2017)
  • メソルガム根の窒素固定活性とその原因窒素固定細菌の探索
    (環境微生物系学会合同大会2017 2017)
  • ゲノム科学から見えてくる微生物によるヒ素循環
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 東北大学 農学研究科
  • - 1986 東北大学 農学部
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2005 - 現在 北海道大学低温科学研究所
  • 2002 - 2005 茨城大学農学部資源生物科学科
  • 1994 - 2002 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科
  • 2002 - 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科
  • 1993 - 1994 大阪大学医学部
委員歴 (3件):
  • 2013/01 - 2015/12 日本微生物生態学会 評議員
  • 2007/01 - 2015/12 日本微生物生態学会 和文誌編集幹事
  • 2005/01 - 2008/12 日本微生物生態学会 評議員
所属学会 (5件):
国際微生物生態学会(International Society for Microbial Ecology) ,  日本ゲノム微生物学会 ,  日本土壌微生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本微生物生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る