研究者
J-GLOBAL ID:201001023189960831   更新日: 2019年12月02日

落合 和彦

オチアイ カズヒコ | OCHIAI KAZUHIKO
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.nvlu.ac.jp/
研究分野 (2件): 応用動物科学 ,  基礎獣医学・基礎畜産学
研究キーワード (3件): 実験動物学 ,  基礎獣医学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 イヌAR複合体を起点としたホルモン療法抵抗性前立腺がん診断・治療戦略の創出
  • 2015 - 2017 イヌREIC/Dkk-3によるホルモン療法抵抗性前立腺がん治療戦略の創出
  • 2012 - 2014 放射線治療抵抗性がんに対するRAD51を標的とした新規治療法の開発
  • 2011 - 2013 乳癌原因遺伝子BRCA2の変異を基点としたゲノム不安定化による腫瘍発症機構の解析
  • 2010 - 2011 前立腺における新規がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3と相互作用する分子の検索
全件表示
論文 (71件):
  • Uemura M, Ochiai K, Morimatsu M, Michishita M, Onozawa E, Azakami D, Uno Y, Yoshikawa Y, Sasaki T, Watanabe M, Omi T. The canine RAD51 mutation leads to the attenuation of interaction with PALB2. Veterinary and comparative oncology. 2019
  • Tani H, Kurita S, Miyamoto R, Ochiai K, Tamura K, Bonkobara M. Canine histiocytic sarcoma cell lines with SHP2 p.Glu76Gln or p.Glu76Ala mutations are sensitive to allosteric SHP2 inhibitor SHP099. Veterinary and comparative oncology. 2019
  • Michishita M, Saito N, Nozawa S, Furumoto R, Nakagawa T, Sato T, Ochiai K, Azakami D, Katayama K, Nakahira R, Tazaki H, Machida Y, Ishiwata T. Metabolite profiling in sphere-forming cells from canine mammary adenocarcinoma cell lines using gas chromatography-mass spectrometry. The Journal of veterinary medical science. 2019
  • Kawata R, Ii T, Hori T, Machida Y, Ochiai K, Azakami D, Ishiwata T, Michishita M. Leydig cell tumor in an Amur tiger (Panthera tigris altaica). The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 2. 186-189
  • Azakami D, Saito A, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K, Kaji N, Kaji D, Kaji N, Michishita M. Chronic Basophilic Leukaemia in a Dog. Journal of comparative pathology. 2019. 166. 5-8
もっと見る
特許 (2件):
  • REIC/Dkk-3タンパク質の部分領域ポリペプチド
  • 乳酸菌により二本鎖RNAを生成するキット及びその利用
講演・口頭発表等 (42件):
  • イヌの乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2とRad51の相互作用の解析
    (第132回日本獣医学会学術集会 2001)
  • イヌBrca2とRad51のクローニングおよび相互作用の解析
    (第24回日本分子生物学会総会 2001)
  • イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2とRad51の哺乳類細胞内での相互作用の解析
    (第134回日本獣医学会学術集会 2002)
  • 乳腺腫瘍関連遺伝子産物Brca2のBRC repeatsの機能解析
    (第136回日本獣医学会学術集会 2003)
  • がん抑制遺伝子産物Brca2のイヌ型BRC repeat 4の構造と機能
    (第138回日本獣医学会学術集会 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 岩手大学 農学部 獣医学科
  • - 2005 岐阜大学 大学院連合獣医学研究科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
経歴 (6件):
  • 2005/04 - 2007/03 福島県いわき家畜保健衛生所 獣医技師
  • 2007/04 - 2009/03 岡山大学ナノバイオ標的医療イノベーションセンター 特任助教
  • 2009/04 - 2011/03 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合研究支援センター動物資源研究部門 助教
  • 2011/04 - 2012/03 日本獣医生命科学大学 助教
  • 2012/04 - 2016/03 日本獣医生命科学大学 講師
全件表示
所属学会 (4件):
日本比較臨床医学会 ,  日本獣医学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る