研究者
J-GLOBAL ID:201901006605251572   更新日: 2019年10月18日

南澤 孝太

ミナミザワ コウタ | Minamizawa, Kouta
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://embodiedmedia.orghttp://embodiedmedia.org
研究分野 (3件): ヒューマンインターフェース・インタラクション ,  知覚情報処理 ,  感性情報学
研究キーワード (6件): 触覚 ,  身体情報学 ,  インタラクションデザイン ,  バーチャルリアリティ ,  システム情報学 ,  共創
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2019 身体共役系に基づく身体像拡張の機序解明とモデル化
  • 2014 - 2018 触感の記録と合成に基づく身体性インタラクション設計基盤技術の構築
論文 (263件):
  • Maeda-Minami Ayako, Yoshino Tetsuhiro, Katayama Kotoe, Horiba Yuko, Hikiami Hiroaki, Shimada Yutaka, Namiki Takao, Tahara Eiichi, Minamizawa Kiyoshi, Muramatsu Shinichi, Yamaguchi Rui, Imoto Seiya, Miyano Satoru, Mima Hideki, Mimura Masaru, Nakamura Tomonori, Watanabe Kenji. Prediction of deficiency-excess pattern in Japanese Kampo medicine: Multi-centre data collection. COMPLEMENTARY THERAPIES IN MEDICINE. 2019. 45. 228-233
  • Furukawa T., Yamamoto D., Sugawa M., Peiris R., Minamizawa K. Telesight: Enabling asymmetric collaboration in VR between HMD user and Non-HMD users. ACM SIGGRAPH 2019 Emerging Technologies, SIGGRAPH 2019. 2019
  • Uju M., Shirota K., Peiris R., Minamizawa K. Pinocchiovr. ACM SIGGRAPH 2019 Emerging Technologies, SIGGRAPH 2019. 2019
  • Kurogi T., Yonehara Y., Peiris R., Fujiwara T., Minamizawa K. Haptic plaster: Soft, thin, light and flexible haptic display using DEA composed of slide-ring material for daily life. ACM SIGGRAPH 2019 Emerging Technologies, SIGGRAPH 2019. 2019
  • Furukawa T., Nii H., Noda A., Niwa D., Hanamitsu N., Krekoukiotis C., Yamada J., Hirano Y., Kamiyama Y., Minamizawa K., Kitamura K., Mizuguchi T. Designing a full-body customizable haptic interface using two-dimensional signal transmission. ACM SIGGRAPH 2019 Posters, SIGGRAPH 2019. 2019
もっと見る
MISC (27件):
  • 鎌本優, 中村開, 眞保ありあ, 加藤大弥, 南澤孝太, 渡邊淳司. 触感として知覚可能な低周波音響信号の活用検討. 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.1-1-4
  • 金箱淳一, 柳原一也, 小原和也, 南澤孝太. 「触覚シミュレーション」の企画について 触覚をデザインする-Haptic Design Proejctの取り組み. シミュレーション. 2018. 37. 1. 13-20
  • 畠山海人, 中村開, 金箱淳一, 南澤孝太. 義手のエンターテイメント性の拡張を目指した義手楽器「Musiarm」の開発. 電子情報通信学会技術研究報告. 2018. 117. 502(WIT2017 66-91). 133-137
  • Kondo Ryota, Sugimoto Maki, Minamizawa Kouta, Inami Masahiko, Kitazaki Michiteru, Tani Yamato. Illusory Body Ownership Between Different Body Parts: Synchronization of Right Thumb and Right Arm. IEEE Conference Proceedings. 2018. 2018. VR. 611-612
  • 石田隆也, 田中由浩, 田中由浩, YAMEN Saraijji, 南澤孝太, DOMENICO Prattichizzo. 触覚情報の共有による協調作業性の向上. 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM). 2017. 18th. ROMBUNNO.1B5-06
もっと見る
特許 (46件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 触楽入門:はじめて世界に触れるときのように
    朝日出版社 2016
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 東京大学 工学部 計数工学科
  • 2005 - 2010 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
学位 (3件):
  • 学士(工学) (東京大学)
  • 修士(情報理工学) (東京大学)
  • 博士(情報理工学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2010/04/01 - 2011/03/31 慶應義塾大学 特別研究助教
  • 2011/04/01 - 2013/08/31 慶應義塾大学 特任講師
  • 2013/09/01 - 2019/03/31 慶應義塾大学 准教授
  • 2015/04/01 - 2019/03/31 特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会 理事
全件表示
委員歴 (25件):
  • 2019 - IEEE IEEE World Haptics 2019 Associate editor
  • 2018/01 - 2020/12 IEEE Technical Committee on Haptics, Vice chair in conference
  • 2018/01 - 2020/12 IEEE IEEE World Haptics 2019 Steering committee
  • 2018 - 2019 IEEE IEEE World Haptics 2019 Local-arrangement chair
  • 2018 - ACM ACM SIGGRAPH Asia 2018 Emerging technologies committee
全件表示
受賞 (9件):
  • 2017/10/04 - 公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞 「人機一体」の新スポーツ創造プロジェクト [超人スポーツプロジェクト]
  • 2016/09/15 - 日本バーチャルリアリティ学会 日本バーチャルリアリティ学会 第18回論文賞 東京国立博物館・特集展示「伊能忠敬の日本図」とミュージアムシアターを活用したサービスデザインプラクティス
  • 2016/06/04 - 一般社団法人VRコンソーシアム VRクリエイティブアワード2016 最優秀賞 Rez Infinite - Synesthesia Suit
  • 2015/09/10 - 日本バーチャルリアリティ学会 日本バーチャルリアリティ学会 第17回論文賞 触感表現の一般普及に向けた方法論とテクタイルワークショップを通したその実践
  • 2014/12/24 - 計測自動制御学会(SICE)システム・インテグレーション(SI)部門技術業績賞 触感表現技術の普及展開活動「TECHTILE(テクタイル)」
全件表示
所属学会 (5件):
日本機械学会 ,  情報処理学会 ,  ACM SIGGRAPH ,  IEEE ,  日本バーチャルリアリティ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る