研究者
J-GLOBAL ID:200901008307575760   更新日: 2016年07月21日

殿塚 婦美子

トノヅカ フミコ | Tonozuka Fumiko
所属機関・部署:
職名: 女子栄養大学 名誉教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (4件): 調理科学 ,  給食管理 ,  Science of Cookery ,  Foodservice Management
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2003 - アクアガス加熱食材の基礎的調理加工特性に関する研究
  • クックチルシステムに関する研究
  • 大量調理の品質管理
  • Study on Cook-Chill System
  • Quality Control of Cooking in Large Quantities
論文 (30件):
MISC (10件):
  • Standardization of the reheating time of deep-frieding in Cook-Chill System. Journal for the Integrated Study of Dietary Habits. 2000. 11. 2. 150-158
  • Standardization of the reheating time of grilling in Cook-Chill System. Journal for the Integrated Study of Dietary Habits. 2000. 10. 4. 36-44
  • Study on the production Control of Quick Chilling in Cook-Chill System. Journal for the Integrated Study of Dietary Habits. 1999. 9. 4. 51-57
  • Infhience of Drelinary Soaking of Rice in Water and Cooking Time in Vertical Type Cooken on Quality of Cooked Rice. The Japanese Journal of Nutrition. 1983. 41. 4
  • Saltinese of Soups Served by Food Services in Dnstitntiens. The Japanese Journal of Nutritions. 1982. 40. 2
もっと見る
書籍 (11件):
  • イラストでみる「はじめての大量調理」
    学建書院 2014
  • 三訂 給食運営管理実習・学内編
    建帛社 2014
  • 改訂新版 大量調理-品質管理と調理の実際-
    学建書院 2012
  • 改訂新版 給食管理(共編著)
    第一出版 2011
  • 栄養・食事管理のための 改訂 施設別給食献立集
    建帛社 2010
もっと見る
Works (9件):
  • アクアガスを用いた高品質汎用食材の新規調製技術の開発
    2003 - 2008
  • クックチルシステムにおける牛肉の含有脂質の変化について
    1999 - 2000
  • The Changes of Beef Lipid Contents on Cook-Chill System
    1999 - 2000
  • クックチルシステムに関する研究
    1995 -
  • 植物性たん白の調理への利用
    1993 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1971 女子栄養大学 栄養学
  • - 1971 女子栄養大学
学位 (1件):
  • 博士(栄養学) (女子栄養大学)
委員歴 (1件):
  • 1998 - 日本食生活学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2010 - 日本食品科学工業会学会賞「技術賞」
  • 2003 - 日本食生活学会学会賞受賞
  • 2000 - フードサービス学会特別賞
  • 1995 - 日本栄養改善学会賞
所属学会 (4件):
日本食生活学会 ,  日本家政学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本調理科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る