研究者
J-GLOBAL ID:200901009077967287   更新日: 2020年05月03日

人見 清隆

Hitomi Kiyotaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ps.nagoya-u.ac.jp/lab_pages/biochemistry/newpage2.html
研究分野 (1件): 応用生物化学
研究キーワード (6件): タンパク質架橋化酵素 ,  皮膚表皮分化 ,  メダカ ,  血液凝固 ,  線維症 ,  トランスグルタミナーゼ
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 2020 気相接触を必須とする培養表皮の形成機構と羊水由来の形成促進因子探索
  • 2018 - 上皮組織の硬度化を司るタンパク質架橋酵素反応の統合的分子基盤
  • 2014 - 2017 生体機能を司る蛋白質架橋化とその制御破綻に関する分子基盤
  • 2013 - 2015 血栓形成と止血剤の研究を支援する血液凝固酵素の高反応性基質ペプチド
  • 2011 - 2014 細胞機能を司る蛋白質架橋形成の分子基盤
全件表示
論文 (96件):
  • Kojima Takaaki, Hata Jumpei, Oka Hiroya, Hayashi Kenta, Hitomi Kiyotaka, Nakano Hideo. Spatial arrangement of proteins using scCro-tag: application for an in situ enzymatic microbead assay. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2018. 82. 11. 1911-1921
  • Tatsukawa H, Nakagawa H, Hitomi K. ISOZYME-SPECIFIC IDENTIFICATION AND CHARACTERIZATION OF SUBSTRATES CROSSLINKED BY TRANSGLUTAMINASES IN LIVER FIBROSIS. ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2018. 42. 33A-33A
  • Watanabe Y, Furukawa E, Tatsukawa H, Hashimoto H, Kamei Y, Taniguchi Y, Hitomi K. Higher susceptibility to osmolality of the medaka (Oryzias latipes) mutants in orthologue genes of mammalian skin transglutaminases. Biosci. Biotechnol. Biochem. 2018. 82. 7. 1165-1168
  • Tatsukawa H, Otsu R, Tani Y, Wakita R, Hitomi K. Isozyme-specific comprehensive characterization of transglutaminase-crosslinked substrates in kidney fibrosis. Sci Rep. 2018. 9. 8. 7306
  • Fujii M, Kishibe M, Ueda J, Hitomi K, Ishida-Yamamoto A. A granular parakeratosis animal model created by topical aluminum showed characteristic keratinocyte differentiation abnormalities including abnormal profilaggrin processing and cornified cell envelop formation. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2018. 138. 5. S68-S68
もっと見る
MISC (17件):
  • 鈴木里沙, Meng Qi, 渡邉優子, 人見 清隆. 血液凝固のメカニズムと病態について魚類を用いて解析する. 化学と生物. 2019. 57. 359-365
  • 伊藤辰将, 辰川英樹, 山口央輝, 高橋和男, 人見清隆, 湯澤由紀夫. 糸球体腎炎に関わるタンパク質架橋化酵素の機能解明に向けた基礎的研究. 日本腎臓学会誌. 2019. 61. 3. 340
  • 伊藤辰将, 伊藤辰将, 辰川英樹, 山口央輝, 高橋和男, 人見清隆, 湯澤由紀夫. マウス腎糸球体内で架橋される組織型トランスグルタミナーゼ基質候補タンパク質の網羅的解析. JSBMS Letters. 2018. 43. Supplement. 104-104
  • 渡邉優子, 人見 清隆. 生命に内在するタンパク質接着酵素をメダカで研究する. 生化学会誌. 2018. 90. 4. 491-494
  • Tatsukawa Hideki, Nakagawa Haruka, Kiyotaka Hitomi. Global identification and analysis of isozyme-specific substrates crosslinked by transglutaminases in mouse liver fibrosis. HEPATOLOGY. 2017. 66. 222A-222A
もっと見る
特許 (2件):
  • トランスグルタミナーゼ基質反応性を有するペプチド及びその利用(2005-380040に基づく優先権主張に伴う特許出願)
  • トランスグルタミナーゼ基質反応性を有するペプチド及びその利用
書籍 (14件):
  • 食品バイオにおける最新の酵素利用
    2019
  • Preferred Substrate Structure of Transglutaminases
    Springer 2016 ISBN:9784431558231
  • タンパク質架橋化酵素の高反応性基質配列の探索と活用
    生化学 2009
  • *Preferred substrate sequences for transglutaminase 2: screening using a phage-displayed peptide library
    Amino Acids, 2009
  • Animal Cell Technology 15:Characterization of highly reactive sequences for transglutaminase 2 and factor XIIIa
    Kluwar Academic Publishers 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • タンパク質架橋化酵素トランスグルタミナーゼの線維症に伴う活性変動と基質群の解析
    (第62回日本腎臓学会学術総会 シンポジウム 2019)
  • タンパク質架橋化酵素による表皮構造タンパク質の修飾がバリア機能を強化する
    (日本生化学会大会 シンポジウム バリア機能を司る皮膚の戦略的形成機構を探る 2018)
  • Activation and Substrates of Transglutaminases
    (Gordon Research Conference Transglutaminase in Human Disease Processes 2018)
  • 皮膚形成と血液凝固を担うタンパク質架橋酵素のメダカを用いた解析
    (日本農芸化学会大会 シンポジウム メダカ 有用モデル生物としての産業応用への展開 2018)
  • Analysis of transglutaminase acitvities and substrates using specific substrate peptides
    (Debrecene University Symposium 2017)
もっと見る
Works (3件):
  • 分子生物学・免疫学キーワード辞典
    2003 -
  • 第6回トランスグルタミナーゼとタンパク架橋に関する国際会議に参加して
    2001 -
  • 学会見聞記:第10回日本動物細胞工学会国際会議
    1998 -
学歴 (1件):
  • 1986 - 1989 京都大学 農学研究科 食品工学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2012/04/01 - 現在 名古屋大学 教授
  • 2013/04 - 2017/03 名古屋大学大学院創薬科学研究科・教授(研究科長)
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 名古屋大学大学院創薬科学研究科・教授(副研究科長)
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 名古屋大学 准教授
  • 2007/04/01 - 名古屋大学大学院生命農学研究科 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/06/01 - 現在 日本農芸化学会 理事 中部支部支部長
  • 2018/07 - 現在 Gordon Research Conference 2020 Transglutaminases in Human Disease Processes Vice Chair
  • 2017/12/01 - 現在 トランスグルタミナーゼ研究会 代表世話人
  • 2017/08/01 - 2019/08/31 日本生化学会中部支部 例会長(副支部長)
受賞 (3件):
  • 2010/06/11 - 天野エンザイム株式会社 天野エンザイム応用酵素シンポジウム奨励賞
  • 2003/06 - 天野エンザイム 天野エンザイム応用酵素シンポジウム奨励賞
  • 2002/03/25 - 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞
所属学会 (6件):
日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本薬学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本生化学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る