研究者
J-GLOBAL ID:200901017282317816   更新日: 2021年03月25日

林 智広

ハヤシ トモヒロ | Hayashi Tomohiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://lab.spm.jp/
研究分野 (1件): ナノバイオサイエンス
研究キーワード (1件): 表面・界面科学 走査型プローブ顕微鏡 分子シミュレーション 薄膜作製及び評価技術 真空技術 マテリアルズインフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2023 骨形成を促進するRANKL逆シグナルスイッチの最適化から新規骨形成促進薬開発へ
  • 2020 - 2022 原子レベルで制御されたモデル有機材料の化学構造-水和構造-界面現象の包括的研究
  • 2019 - 2022 生体分子の分子認識プロセスの時空間的スケールギャップ問題の解決のための基礎研究
  • 2018 - 2021 細菌内無機元素の高分解能動態観測を目指した高機能マイクロ流路液体セルの開発
  • 2017 - 2020 データ駆動的バイオマテリアル設計ストラテジーの開発
全件表示
論文 (100件):
  • Masaru Tanaka, Shigeaki Morita, Tomohiro Hayashi. Role of interfacial water in determining the interactions of proteins and cells with hydrated materials. Colloids and Surfaces B: Biointerfaces. 2021. 198. 111449-111449
  • Seulki Han, Sicheon Seong, Young Ji Son, Yasuyuki Yokota, Tomohiro Hayashi, Masahiko Hara, Jaegeun Noh. Formation and Surface Structures of Highly Ordered Self-Assembled Monolayers of Alkyl Selenocyanates on Au(111) via Ambient-Pressure Vapor Deposition. Journal of Physical Chemistry C. 2020. 124. 49. 26730-26740
  • Rudolf Jason Kwaria, Evan Angelo Quimada Mondarte, Hiroyuki Tahara, Ryongsok Chang, Tomohiro Hayashi. Data-Driven Prediction of Protein Adsorption on Self-Assembled Monolayers toward Material Screening and Design. ACS Biomaterials Science and Engineering. 2020. 6. 9. 4949-4956
  • Youngsik Choi, Sicheon Seong, Seulki Han, Young Ji Son, Evan Angelo Quimada Mondarte, Hiroyuki Tahara, Subin Song, Tomohiro Hayashi, Jaegeun Noh. Scanning tunneling microscopy study on phase behavior of self-assembled monolayers formed by coadsorption of octanethiol and octyl thiocyanate on Au(111). Thin Solid Films. 2020. 707
  • Hiroto Kudo, Kazunori Naritomi, Shuto Onishi, Hiroyuki Maekawa, Evan A.Q. Mondarte, Kasinan Suthiwanich, Tomohiro Hayashi, Tomohiro Hayashi. Living Ring-Expansion Polymerization of Thiirane with Cyclic Monocarbamothioates. Macromolecules. 2020. 53. 12. 4733-4740
もっと見る
MISC (16件):
講演・口頭発表等 (71件):
  • バイオマテリアルの生体適合性のメカニズム解明と情報科学を用いたバイオマテリアル設計
    (R&D支援センターセミナー 医用材料の基礎を踏まえた生体適合性評価 2019)
  • 材料とタンパク質・細胞の界面
    (東ソーライフサイエンス研究会 2019)
  • 機械学習を用いたフォースカーブの解析と単一分子力学測定への応用
    (日本学術振興会 ナノプローブテクノロジー第167委員会第93回研究会 2019)
  • 表面科学・情報科学を用いた細胞と材料の相互作用の解析
    (日本表面真空学会学術講演会 2019)
  • 双性イオン型ペプチドからなる自己組織化単分子膜の抗付着性の発現メカニズム
    (第80回応用物理学会秋季学術講演会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 ハイデルベルグ大学 物理化学科 Ph.D.取得
  • 1998 - 2000 筑波大学 物質工学専攻 博士課程
  • 1993 - 1997 早稲田大学 応用物理学科
  • 1990 - 1993 神奈川県 聖光学院高等学校
経歴 (11件):
  • 2016/04 - 現在 東京工業大学 物質理工学院 材料系 無機フォーカス 准教授
  • 2013 - 現在 独立行政法人 理化学研究所 表面界面科学研究チーム 客員研究員 (兼任)
  • 2017/10 - 2021/03 JSTさきがけ研究員
  • 2010/07 - 2016/03 東京工業大学 総合理工学研究科 物質電子化学専攻 准教授
  • 2013 - 2015 独立行政法人 理化学研究所 近接場ナノフォトニクス研究チーム 客員研究員 (兼任)
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2021/04 - 現在 応用物理学会 「応用物理」編集委員
  • 2017/04 - 2021/03 応用物理学会 プログラム編集委員
  • 2017 - 2017 MRS-J 国際セッションオーガナイザー
  • 2017 - 2017 国際会議 IUMRS-ICAM 2017 セッションオーガナイザー
  • 2017 - 2017 第37回表面科学学術講演会 運営委員、プログラム編成委員、セッションオーガナイザー
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/02 - 東京工業大学 東京工業大学 教育賞
  • 2018 - 日本学術振興会 第174委員会 若手研究者賞
  • 2011 - ”Seeing at the Nanoscale” Best Poster Award
  • 2011 - 高分子学会 旭化成賞 (第1回)
  • 2010 - 国立大学法人東京工業大学 挑戦的研究賞
全件表示
所属学会 (2件):
日本表面真空学会 ,  日本応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る