研究者
J-GLOBAL ID:200901023616408184   更新日: 2019年12月13日

吉川 欣亮

キッカワ ヨシアキ | KIKKAWA Yoshiaki
所属機関・部署:
職名: プロジェクトリーダー
ホームページURL (1件): http://www.igakuken.or.jp/mammal/index.html
研究分野 (4件): 眼科学 ,  遺伝・染色体動態 ,  実験動物学 ,  耳鼻咽喉科学
研究キーワード (12件): 修飾遺伝子 ,  QTL ,  遺伝解析 ,  小眼球症 ,  白内障 ,  加齢性難聴 ,  難聴 ,  マウス ,  内耳 ,  有毛細胞 ,  stereocilia ,  Usher症候群
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2015 - 2018 マウス順遺伝学の技術革新に基づく難聴の発症原因解明と聴力正常化近交系の樹立
  • 2015 - 2017 内耳有毛細胞特異的発現アイソフォームの機能を探る
  • 2011 - 2015 ヒト加齢性難聴モデルマウスの遺伝的発症要因の網羅的スクリーニングとヒトへの応用
  • 2012 - 2014 種差に起因する疾患発症の遺伝様式メカニズムの解明
  • 2009 - 2011 動物モデルを用いた難聴発症後の社会行動モニタリング
全件表示
論文 (61件):
  • Wada K, Yasuda SP, Kikkawa Y. Genetic modifiers of rodent animal models: the role in cataractogenesis. Experimental animals. 2019. 68. 4. 397-406
  • Matsuoka K, Wada K, Miyasaka Y, Yasuda SP, Seki Y, Nishito Y, Yonekawa H, Taya C, Shitara H, Kikkawa Y. OHC-TRECK: A Novel System Using a Mouse Model for Investigation of the Molecular Mechanisms Associated with Outer Hair Cell Death in the Inner Ear. Scientific reports. 2019. 9. 1. 5285
  • Ohno T, Miyasaka Y, Kuga M, Ushida K, Matsushima M, Kawabe T, Kikkawa Y, Mizuno M, Takahashi M. Mouse NC/Jic strain provides novel insights into host genetic factors for malaria research. Experimental animals. 2019. 68. 3. 243-255
  • Wada K, Saito J, Yamaguchi M, Seki Y, Furugori M, Takahashi G, Nishito Y, Matsuda H, Shitara H, Kikkawa Y. Pde6brd1 mutation modifies cataractogenesis in Foxe3rct mice. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 496. 1. 231-237
  • Seki Y, Miyasaka Y, Suzuki S, Wada K, Yasuda SP, Matsuoka K, Ohshiba Y, Endo K, Ishii R, Shitara H, Kitajiri SI, Nakagata N, Takebayashi H, Kikkawa Y. A novel splice site mutation of myosin VI in mice leads to stereociliary fusion caused by disruption of actin networks in the apical region of inner ear hair cells. PloS one. 2017. 12. 8. e0183477
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (18件):
  • 図説耳鼻咽喉科NEW APPROACH 2遺伝子異常と耳疾患
    メジカルビュー社 1996
  • マウス ラボマニュアル(財)東京都臨床医学総合研究所 実験動物研究部門編
    シュプリンガー・フェアラーク東京 1998
  • International Congress Series
    Elsevier 2001
  • マウス ラボマニュアル(財)東京都臨床医学総合研究所 実験動物研究部門編 第2版
    シュプリンガー・フェアラーク東京 2003
  • 医学のあゆみ 207(1)
    医歯薬出版株式会社 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • マウスFoxe3の制御領域の欠失変異による白内障発症と遺伝的背景効果.
    (第25回モロシヌス研究会 2011)
  • 近交系マウスの遺伝的背景に潜む視聴覚機能修飾因子.
    (日本遺伝学会第83回大会ワークショップ 2011)
  • 内耳有毛細胞の感覚毛形成におけるWhirlinの役割
    (第113回関西実験動物研究会 2012)
  • 日本産野生マウス由来近交系の難聴研究への応用.
    (第9回北海道実験動物研究会学術集会 2012)
  • 内耳有毛細胞上の感覚形成におけるスカフォールドタンパク質の機能
    (東海医学会講演会 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1987 - 1991 東京農業大学 農学部 畜産学科
  • 1991 - 1993 東京農業大学大学院 農学研究科 博士前期課程 畜産学専攻
  • 1993 - 1995 東京農業大学大学院 農学研究科 博士後期課程 畜産学専攻
学位 (1件):
  • 博士(畜産学) (東京農業大学)
経歴 (5件):
  • 1995/04 - 2003/03 東京都臨床医学総合研究所 研究員
  • 2003/04 - 2004/03 MRC Harwell Visiting Postdoctoral Fellow
  • 2004/04 - 2006/03 東京都臨床医学総合研究所 研究員
  • 2006/04 - 2011/03 東京農業大学 准教授
  • 2011/04 - 現在 東京都医学総合研究所 プロジェクトリーダー
委員歴 (6件):
  • 2019 - 現在 理化学研究所バイオリソース研究センター リソース検討委員会委員
  • 2012 - 現在 モロシヌス研究会 幹事
  • 2011 - 現在 日本実験動物学会 学術集会委員
  • 2010 - 現在 北海道実験動物研究会 幹事
  • 2009 - 2018 日本実験動物学会 評議員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/07 - 第57回日本白内障学会総会 優秀演題賞
  • 2018/05 - Experimental Animals The Most Excellent Paper of The Year on 2017
  • 2014/05 - Experimental Animals The Most Excellent Paper of The Year on 2013
  • 2007/06 - モロシヌス研究会 森脇和郎賞
  • 2006/12 - 日本遺伝学会 Best Paper賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本白内障学会 ,  日本耳科学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本遺伝学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る