研究者
J-GLOBAL ID:200901051346893046   更新日: 2021年01月23日

濱口 真英

ハマグチ マサヒデ | Hamaguchi Masahide
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/itinai/index.htm
研究分野 (5件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  代謝、内分泌学 ,  消化器内科学 ,  内科学一般 ,  免疫学
研究キーワード (4件): 非アルコール性脂肪肝炎 ,  メタボリックシンドローム ,  非アルコール性脂肪肝炎 ,  メタボリックシンドローム
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2020 高品質抹茶摂取の腸内環境改善による動脈硬化予防機能の実証試験
  • 2018 - 2019 大規模糖尿病コホートにおけるロコモティブシンドローム・骨粗鬆症に栄養摂取、運動・活動量が与えるインパクトに関する臨床研究
  • 2015 - 2015 免疫抑制剤不使用・同種移植インスリン分泌細胞免疫寛容における免疫学的変化の分子生物学的解明
  • 2014 - 2015 網羅的自己抗体アレイにより検出された2型糖尿病における膵島廃絶予測新規自己抗体定量用ELISAの開発
  • 2014 - 2015 制御性T細胞の強化による非アルコール性脂肪肝炎制御の実現とその免疫学的機構の解明
全件表示
論文 (119件):
  • Emi Ushigome, Masahiro Yamazaki, Masahide Hamaguchi, Takamasa Ito, Shin Matsubara, Yasuhiro Tsuchido, Yu Kasamatsu, Masaki Nakanishi, Naohisa Fujita, Michiaki Fukui. Usefulness and Safety of Remote Continuous Glucose Monitoring for a Severe COVID-19 Patient with Diabetes. Diabetes technology & therapeutics. 2021. 23. 1. 78-80
  • Fuyuko Takahashi, Yoshitaka Hashimoto, Ayumi Kaji, Ryosuke Sakai, Yuka Kawate, Takuro Okamura, Noriyuki Kitagawa, Hiroshi Okada, Naoko Nakanishi, Saori Majima, et al. Habitual Miso (Fermented Soybean Paste) Consumption Is Associated with a Low Prevalence of Sarcopenia in Patients with Type 2 Diabetes: A Cross-Sectional Study. Nutrients. 2020. 13. 1
  • Takuro Okamura, Hanako Nakajima, Yoshitaka Hashimoto, Saori Majima, Takafumi Senmaru, Emi Ushigome, Naoko Nakanishi, Masahide Hamaguchi, Mai Asano, Masahiro Yamazaki, et al. Low circulating dihomo-gamma-linolenic acid is associated with diabetic retinopathy: a cross sectional study of KAMOGAWA-DM cohort study. Endocrine journal. 2020
  • Emi Ushigome, Nobuko Kitagawa, Noriyuki Kitagawa, Toru Tanaka, Goji Hasegawa, Masayoshi Ohnishi, Sei Tsunoda, Hidetaka Ushigome, Isao Yokota, Naoto Nakamura, et al. Predictive power of home blood pressure measurement for cardiovascular outcomes in patients with type 2 diabetes: KAMOGAWA-HBP study. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2020
  • Hanako Nakajima, Yoshitaka Hashimoto, Ayumi Kaji, Ryosuke Sakai, Fuyuko Takahashi, Yuta Yoshimura, Ryo Bamba, Takuro Okamura, Noriyuki Kitagawa, Saori Majima, et al. Impact of extracellular-to-intracellular fluid volume ratio on albuminuria in patients with type 2 diabetes: A cross-sectional and longitudinal cohort study. Journal of diabetes investigation. 2020
もっと見る
MISC (364件):
  • 内藤 裕二, 高木 智久, 濱口 真英. ヒト腸内細菌叢に影響する薬剤・食の解析. 日本消化器病学会雑誌. 2020. 117. 臨増大会. A438-A438
  • 濱口 真英. 【血糖コントロールの改善・安定化のコツとポイントにつながる(19)症例 とことんわかる 血糖値】(第3章)症例でわかる血糖値 肝障害のある患者. 糖尿病ケア. 2020. 2020秋季増刊. 180-185
  • 岡村 拓郎, 濱口 真英, 西田 健祐, 馬場 遼, 中島 華子, 芳村 悠太, 木村 智紀, 橋本 善隆, 福田 拓也, 千丸 貴史, et al. 自然免疫機構を介した性腺機能低下NAFLDモデルマウスに対するテストステロン、エストラジオール補充療法の有効性の検討. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 96. 1. 233-233
  • 畑 真之介, 浅野 麻衣, 橋本 善隆, 間嶋 紗織, 千丸 貴史, 牛込 恵美, 中西 尚子, 濱口 真英, 山崎 真裕, 本郷 文弥, et al. MAX遺伝子に生殖細胞変異を認めた両側褐色細胞腫の一例. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 96. 1. 258-258
  • 浅野 麻衣, 橋本 善隆, 千丸 貴史, 中西 尚子, 間嶋 紗織, 牛込 恵美, 濱口 真英, 山崎 真裕, 福井 道明. 遊離T4正常で発見されたバセドウ病患者の予後に関する検討. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 96. 1. 346-346
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (1件):
  • Insulin Resistance: New Research(Insulin Resistance and Liver Disease);pp. 301-323
    Nova Publishers 2009 ISBN:9781606923320
講演・口頭発表等 (2件):
  • 味噌汁摂取が糖尿病患者に与える影響の検討:KAMOGAWA-DM cohort study.
    (第一回和食文化学会 2019)
  • 糖尿病重症化予防のためにプライマリケア医にできること
    (日本プライマリ・ケア連合学会 第32回近畿地方会 2018)
学歴 (1件):
  • 2005 - 2009 京都府立医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都府立医科大学)
経歴 (10件):
  • 2018/04 - 現在 京都府立医科大学 大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 助教
  • 2017/04 - 2018/03 京都府立医科大学 大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 客員講師
  • 2017/01 - 2018/03 亀岡市立病院 糖尿病内科 部長
  • 2016/08 - 2016/12 亀岡市立病院 内科 医長
  • 2015/04 - 2016/07 京都府立医科大学 大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 病院助教
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015/05 - 第2回肝臓と糖尿病・代謝研究会 若手研究奨励賞
  • 2015/02 - 第43回日本総合健診医学会 若手奨励賞
  • 2014/07 - 第1回肝臓と糖尿病・代謝研究会 学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る