研究者
J-GLOBAL ID:200901051953936927   更新日: 2020年03月21日

中村 純子

ナカムラ ジュンコ | Nakamura Junko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 観光学 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): 観光文化 ,  観光人類学 ,  cultural anthropology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 博物館におけるプログラムと観光芸術の関係
  • ニューカレドニアにおける観光人類学的研究
  • Museum program and tourist art
  • Study on Anthropology of Tourism in New Caledonia.
MISC (17件):
  • 中村 純子. グローバルな土産品と店舗環境にみる「レプリカ的構造」. 横浜商大論集. 2014. 47. 2. 92-117
  • 中村純子. 観光芸術にみる文化の多様性と「文化遺産」の再生産 : ニューカレドニアの観光芸術を事例に. 旅の文化研究報告No21. 2011. 21. 79-99
  • 中村 純子. 観光芸術の特徴と可能性 : 試論「レプリカ的構造」と事例考察. 横浜商科大学紀要. 2011. 10. 159-208
  • 中村 純子. 宿泊施設からみた戦後日本の旅の変容-昭和30年代から40年代のホテルを中心に-. 戦後日本における旅の大衆化に関する研究(旅の文化研究報告). 2011. 75-84
  • 中村 純子. 観光文化研究におけるオーセンティシティ論 : 内外先行研究の差異と「まなざし」の階層性. 横浜商大論集. 2009. 43. 1. 121-161
もっと見る
書籍 (8件):
  • コンテンツツーリズム研究-情報社会の観光行動と地域振興-
    福村出版 2015
  • インターナショナルな「地方」の視座(横浜商科大学公開講座28)
    南窓社 2012
  • 「[天国にいちばん近い島]とニューカレドニアの日本人観光者-イメージの創造と変容、ウヴェア島の観光開発」
    『オセアニア(朝倉世界地理講座)15』片山一道・熊谷圭知編、朝倉書店 2010
  • 「観光と[伝統文化]」
    『オセアニア学』吉岡政徳監修、遠藤・印東等編、京都大学学術出版会 2009
  • 「ニューカレドニア社会における[ゆとり]志向-近代化と移民による[混淆文化]、余暇からの考察」
    横浜商科大学公開講座『暮らしと文化の未来展望』南窓社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • ホテルからみた観光の変化
    (旅の文化研究フォーラム 2009)
  • ニューカレドニアの観光における混淆文化と「伝統」の復刻
    (日本国際観光学会第129回例会 2009)
  • 日本における宿泊施設の変遷と特徴-昭和30・40年代のホテル開発を中心とした観光の変化-
    (旅の文化研究所・プロジェクト研究「戦後日本における旅の大衆化に関する研究」 2008)
  • ヌーメアにおける民族衣装の変容と「定型化」-女性被服の制作現場を中心に-
    (日本文化人類学会第40回研究大会 2006)
  • イメージと観光開発-日本のメディアによるニューカレドニア・イメージと開発の変容-
    (横浜商科大学学術研究会 2005)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 2008 - 旅の文化研究所・旅の文化研究奨励賞
  • 2001 - 日本国際観光学会公募論文・優秀賞
所属学会 (4件):
観光学術学会 ,  日本観光研究学会 ,  日本オセアニア学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る