研究者
J-GLOBAL ID:200901066839430760   更新日: 2019年10月28日

森岡 克司

モリオカ カツジ | MORIOKA Katsuji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 高知大学  農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース   教授
研究分野 (2件): 食品科学 ,  水産化学
研究キーワード (7件): 養殖魚 ,  品質 ,  肉質 ,  水産物 ,  鮮度保持 ,  残滓 ,  飼料
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 魚加工処理残滓の有効利用に関する研究
  • 養殖魚の肉質に関する研究
  • 養殖魚の肉質評価
  • 水産物の鮮度保持
論文 (62件):
  • 中辻伸嘉,石川英利佳,瀬戸口 梓,川村 渉,足立亨介・森岡克司. マダイ筋肉でのコラーゲン代謝関連遺伝子発現量と肉の物性及び筋肉コラーゲン含量との関係性. 水産増殖. 2019. 67. 217-224
  • Nobuyoshi Nakatsuji, Kohsuke Adachi, Katsuji Morioka*. Long-term stability of RNA isolated from muscle of red seabream (Pagrus major) during ice storage. Fish Physiology and Biochemistry. 2019. 45. 2. 819-828
  • Monami Akita, Toshio Kono, Kento Lloyd, Toshiyuki Mitsui, Katsuji Morioka, Kohsuke Adachi. Biochemical study of type I collagen purified from skin of warm sea teleost Mahi mahi (Coryphaena hippurus), with a focus on thermal and physical stability. Journal of Food Biochemistry. 2019
  • 中辻伸嘉・秋田もなみ・林 芳弘・野村晋平・足立亨介・森岡克司. 和歌山県加太産天然マダイ肉の物性に関与する生化学及び組織学的特性. 水産増殖. 2018. 66
  • Phatthira Sutloet, Warangkana Sompongse, Katsuji Morioka. Effect of protease inhibitors on proteolytic degradation of rohu (Labeo rohita) gel. International Journal of Food Science and Technology. 2018. 53. 2509-2514
もっと見る
MISC (21件):
  • 森岡克司,野村明,伊藤慶明. “水産資源の有効利用とゼロエミッション”,III-1. 雑魚・混獲魚. 日本水産学会誌. 2010. 76. 958
  • Ngo van Phu, Katsuji Morioka, Yoshiaki Itoh. Microstructure of white croaker suiimi protein gels set at low temperature under the inhibition of the polymerization and degradation of protein. Journal of Biological Sciences. 2010. 10. 499-506
  • Ngo van Phu, Katsuji Morioka, Yoshiaki Itoh. Gel-forming characteristics of surimi from white croaker under the inhibition of the polymerization and degradation of protein. Journal of Biological Sciences. 2010. 10. 432-439
  • K. Banlue, Katsuji Morioka, Y. Itoh. Effect of inorganic oxidizing reagents on gel-forming properties of walleye pollack surimi through low temperature setting. Journal of Biological Sciences. 2010. 10. 18-24
  • K. Banlue, K. Morioka, Y. Itoh. Effect of kBrO<inf>3</inf> on gel-forming properties of walleye pollack surimi through setting with or without transglutaminase inhibitor. Pakistan Journal of Biological Sciences. 2010. 13. 1-8
もっと見る
書籍 (6件):
  • かまぼこの足形成 “筋形質タンパク質”の章
    恒星社厚生閣,東京 2001
  • More Efficient Utilization of Fish and Fisheries Products (ed. M.Sakaguchi). “Oxidation during washing of fish meat induces a decrease in gel forming ability”, 357-373.
    ELSEVIER Ltd., UK. 2004
  • 海洋高知の可能性を探る “有効利用の実例~食品分野”の章
    高知新聞企業,高知 2005
  • 水産資源の先進的有効利用法 “第4章 すり身とねり製品 第2節 水晒しにともなう酸化はゲル形成能を低下させる”
    NTS, 東京 2005
  • 海洋深層水の特性と利用-養殖・環境修復・食品利用 “うどんの品質に与える影響”の章
    恒星社厚生閣,東京 2006
もっと見る
Works (3件):
  • 配合飼料で飼育した養殖ブリの肉質評価
    2002 -
  • 水産バイオマス有効利用事業(アブラソコムツなど未利用魚からの低ワックスすり身調製法の開発)
    2003 - 2005
  • 養殖水産物有効利用推進事業
    2005 - 2007
学歴 (3件):
  • 1981 - 1985 京都大学 農学部 水産学科
  • 1985 - 1987 京都大学大学院 農学研究科博士前期課程 水産学専攻水産化学分野
  • 1987 - 1990 京都大学大学院 農学研究科博士後期課程 水産学専攻水産化学分野
学位 (2件):
  • (博士)農学 (京都大学)
  • 農学修士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 1990/04 - 1997/04 高知大学 助手
  • 1997/05 - 1999/01 高知大学 講師
  • 1999/02 - 2007/03 高知大学 助教授
  • 2007/04 - 2009/04 高知大学 准教授
  • 2009/04 - 2010/03 高知大学 教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2002 - 2004 日本水産学会 シンポジウム企画委員会幹事
  • 2011 - 2017 日本水産学会 編集委員会委員(Fisheries Science、日本水産学会誌)
  • 2016 - 2018 日本水産学会 水産教育委員会委員
  • 2018 - 日本水産学会 シンポジウム企画委員会委員
所属学会 (4件):
日本水産学会 ,  海洋深層水利用研究会 ,  日本農芸化学会 ,  日本食品科学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る