研究者
J-GLOBAL ID:200901067773540310   更新日: 2022年04月25日

高田 昌樹

タカタ マサキ | Takata Masaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/takata/html/index.htmlhttp://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/takata/html/index-e.html
研究分野 (4件): 結晶工学 ,  応用物性 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (5件): 次世代放射光 ,  構造物性科学 ,  粉末X線回折 ,  マキシマムエントロピー法 ,  電子密度解析
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2015 - 2020 ビッグサイエンスと産業イノベーション:科学化される社会、社会化される科学
  • 2016 - 2019 錯体ナノ空間の動的特性を利用した光・吸着エネルギー変換物質の創製
  • 2006 - 2007 過冷却液体からの金属ガラス生成過程の直接観察
  • 2004 - 2007 分子導入されたナノ機能空間の電子密度レベルでの構造
  • 2003 - 2007 放射光粉末構造解析による光励起状態の構造決定
全件表示
論文 (554件):
もっと見る
MISC (26件):
  • 仲谷友孝, 小原真司, 星野大樹, 藤波想, 高田昌樹, 高田昌樹, 高田昌樹. 最新の放射光X線解析に基づくゴム材料の構造解析(II)実用例を中心として 極小角X線散乱と逆モンテカルロ法を用いた延伸過程でのゴム中シリカ粒子の分散状態の評価. 日本ゴム協会誌. 2019. 92. 4
  • 渡邉 真史, 虻川 匡司, 矢代 航, 江島 丈雄, 小田島 肇, 高田 昌樹. 水素・燃料電池戦略における研究支援基盤としての東北放射光計画. 燃料電池. 2018. 17. 3. 56-63
  • 星野大樹, 星野大樹, 平井智康, 高原淳, 高田昌樹, 高田昌樹. X線光子相関分光測定によるソフト界面ダイナミクス研究. 放射光. 2017. 30. 3
  • 三木 郁也, 石橋 広記, 河口 彰吾, 杉本 邦久, 加藤 健一, 高田 昌樹, 久保田 佳基. 9aPS-43 バナジウムスピネル酸化物Fe_<1-x>Mg_xV_2O_4の構造・磁気相転移II(9aPS 領域8ポスターセッション(遷移金属酸化物・鉄砒素系など),領域8(強相関系)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 413-413
  • 長見 和樹, 石橋 広記, 河口 彰吾, 杉本 邦久, 加藤 健一, 高田 昌樹, 久保田 佳基. 9aPS-50 バナジウムスピネル酸化物FeV_2O_4のt_<2g>軌道に対する軌道希釈効果(9aPS 領域8ポスターセッション(遷移金属酸化物・鉄砒素系など),領域8(強相関系)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 414-414
もっと見る
特許 (13件):
書籍 (6件):
  • 「成形加工」34巻(2022年)3号
    一般社団法人 プラスチック成形加工学会 2022
  • ポリマーの強靱化技術最前線 : 破壊機構、分子結合制御、しなやかタフポリマーの開発
    エヌ・ティー・エス 2020 ISBN:9784860436681
  • 公益社団法人日本磁気学会誌「まぐね」Vol.14, No.3, 128-132
    日本磁気学会 2019
  • 機能物質・材料開発と放射光 : SPring-8の産業利用
    シーエムシー出版 2014 ISBN:9784781308869
  • 機能物質・材料開発と放射光 : SPring-8の産業利用 = R&D of functional substances and materials by using synchrotron radiation : industrial application of SPring-8
    シーエムシー出版 2008 ISBN:9784781300405
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • Building a New Range of Digital Transformation(DX) in R&D - Perspective of Next Generation Synchrotron Radiation Facility -
    (IIT and NIMS Materials Science Workshop online meeting between IIT and NIMS 2021)
  • 次世代放射光でレアメタル・イノベーションを起こせるか?
    (第7回 レアメタル・グリーンイノベーション RaMGIフォーラム 2021)
  • 結晶学のDX化が拓く次世代のイノベーション
    (日本結晶学会創立70周年記念シンポジウム 2021)
  • 放射光科学と最大エントロピー法による錯体構造化学の革新
    (第71回錯体化学会討論会 2021)
  • 次世代放射光の概要とコアリション
    (東北大・九州大 次世代放射光シンポジウム2021 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1982 - 1987 広島大学 物性学専攻
  • 1978 - 1982 広島大学 物性学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (広島大学)
経歴 (12件):
  • 2020/07 - 現在 東北大学 国際放射光イノベーション・スマート研究センター 教授
  • 2015/07 - 現在 東北大学 総長特別補佐(研究担当)
  • 2015/04 - 現在 東北大学 多元物質科学研究所 教授
  • 2016/10 - 2017/03 九州大学 先導物質化学研究所 客員教授
  • 2010/04 - 2015/03 特定国立研究開発法人理化学研究所 放射光科学総合研究センター 副センター長
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2019/10 - 現在 日本放射光学会 評議員
  • 2018 - 現在 ESRF Science Advisory Committee
  • 2014/10 - 現在 Royal Society of Chemistry Fellow
  • 2014/09 - 現在 International Union of Crystallography Executive Committee Member
  • 2010/10 - 2015/09 日本放射光学会 評議員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2021/09 - 錯体化学会 令和3年度錯体化学会「貢献賞」 放射光科学と最大エントロピー法による錯体構造化学の革新
  • 2014 - Royal Society of Chemistry Fellow of the Royal Society of Chemistry
  • 2013/04 - 文部科学大臣 科学技術賞(研究部門) 微量粉末から物質の機能を可視化する放射光構造科学の研究
  • 2012/09 - 応用物理学会 第34回応用物理学会論文賞
  • 2004/10 - (財)ひょうご科学技術協会 ひょうごSPring-8賞 新機軸の粉末回折法の開発による物質科学への貢献
全件表示
所属学会 (6件):
日本金属学会 ,  日本放射光学会 ,  日本結晶学会 ,  日本物理学会 ,  応用物理学会 ,  フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る