研究者
J-GLOBAL ID:200901075264550740   更新日: 2020年09月15日

渕崎 員弘

フチザキ カズヒロ | Fuchizaki Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (4件): 位相欠陥 ,  ガラス転移 ,  非平衡統計力学 ,  ポリアモルフィズム
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 液ー液転移出現可能性に対する熱力学指標の提案
  • 2017 - 2020 液-液転移理論へのフィードバックを目指した微視的メカニズムの解明
  • 2014 - 2017 ヨウ化物による第二臨界現象発現の立証
  • 2011 - 2013 水型液相間転移の第二臨界点近傍での液体の構造的特徴
  • 2010 - 2013 ヨウ化錫液相-液相間転移のシナリオ
全件表示
論文 (86件):
  • Hiroki Naruta, Kazuhiro Fuchizaki, Daisuke Wakabayashi, Akio Suzuki, Ayako Ohmura, Hiroyuki Saitoh. Do SnI4 molecules deform on heating and pressurization in the low-pressure crystalline phase?. Journal of Physics Condensed Matter. 2020. 32. 5
  • Chikara Shito, Keitaro Okamoto, Yuki Sato, Ryuji Watanabe, Tomonori Ohashi, Kazuhiro Fuchizaki, Takahiro Kuribayashi, Akio Suzuki. In-situ X-ray diffraction study on beta-CrOOH at high pressure and high-temperature. HIGH PRESSURE RESEARCH. 2019. 39. 3. 499-508
  • Fuchizaki Kazuhiro. Predicting the Melting Curve of MgO: An Essential Update. JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. 2019. 88. 6
  • Fuchizaki Kazuhiro, Naruta Hiroki, Sakagami Takahiro. A polymerization scenario of the liquid-liquid transition of GeI4. JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER. 2019. 31. 22
  • Fuchizaki Kazuhiro, Sakagami Takahiro, Iwayama Hiroshi. Pressure-induced local symmetry breaking upon liquid-liquid transition of GeI4 and SnI4. JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS. 2019. 150. 11
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
書籍 (27件):
  • 新物理小事典
    三省堂 2009 ISBN:9784385240176
  • 古典力学(下)
    吉岡書店 2009 ISBN:9784842703503
  • 古典力学(上)
    吉岡書店 2006 ISBN:9784842703367
  • Slow Dynamics in Complex Systems
    American Institute of Physics 1999
  • Slow Dynamics in Complex Systems
    American Institute of Physics 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • ヨウ化錫の高密度非晶質から低密度非晶質状態への遷移の微視的過程
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
  • 核生成またはスピノーダル分解に至る相分離現象の揺らぎの成長
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
  • 変形可能なヨウ化錫分子から成る系の構築に向けて
    (日本物理学会第75回年次大会 2020)
  • To what extent is the molecular symmetry lowering related to poly(a)morphism in a SnI4 system?
    (Joint Polish-German Crystallographic Meeting 2020 2020)
  • The pressure-induced liquid-liquid crossover of GeI4 identifiable as a percolation transition
    (The 57th European High Pressure Research Group Meeting on High Pressure Science and Technology 2019)
もっと見る
Works (10件):
  • 液相および非晶質状態内の相転移と新たな臨界現象
    2006 - 2007
  • 分子性液体構造に関する理論的研究
    2005 - 2005
  • 液体構造に関する理論的研究
    2005 - 2005
  • ヨウ化錫液体における液相-液相転移
    2003 - 2004
  • 圧力誘起非晶質化現象の解明
    2003 - 2003
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 大阪大学
  • - 1983 京都大学
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2017/04 - 2018/03 東京大学 物性研究所 客員教授
  • 2005/04 - 2006/03 分子科学研究所 分子基礎理論第四研究部門 客員教授
  • 2003 - 2006 愛媛大学理学部 教授
  • 2006 - - 愛媛大学理工学研究科 教授
  • 2000 - 2003 愛媛大学理学部 助教授
全件表示
所属学会 (6件):
American Chemical Society ,  American Association for the Advancement of Science ,  日本高圧力学会 ,  日本物理学会 ,  American Association for the Advancement of Science ,  American Association for the Advancements of Science
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る